sacai 2022年春夏メンズコレクション - エロルソン・ヒュー率いるアクロニウムとコラボ

2021年8月4日 09:25

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 sacai(サカイ)は、2022年春夏メンズコレクションを発表。

■一体感を表す“ボンディング”にフォーカス

 今季のsacaiがフォーカスしたのは裏地と表地を貼り合わせるボンディング加工。sacaiの核であるハイブリッドの概念を新たに表現する手段として、また、“一体感”や“絆”といったテーマを暗に示すメタファーとして採用されている。ボンディング加工ならではの、生地のハリを生かした、立体的なフォルムのジャケットやパーカ、ハーフパンツなどが散見された。

■エロルソン・ヒューのアクロニウムとコラボ

 中でも注目は、エロルソン・ヒューが率いるアクロニウム(ACRONYM)とのコラボレーション。sacaiの生地やシルエットに、アクロニウムのシグネチャーであるテクニカルなディテールを融合させた。ロングコートやパーカ、MA-1、アクロニウムからは初登場となるドレスも含め、メンズ・ウィメンズで計7型展開される。

 タフな生地感や複数配されたポケット、ウエストなどに配されたドローコードなどがアクティブさを感じせる一方で、多くの要素を含んでいながらも統一感のある表情や、程よくゆったりとしたシルエットによって端正な雰囲気を演出する。

■アウトドアウェアを洗練された佇まいに

 同様に、インラインのアイテムにおいても、アウトドアの要素を持ちつつ、無骨さを抑え洗練された印象に仕上げたウェアが揃う。ジオメトリックな模様のラグ・ジャカードや、ウォーミングな色調のペイズリー柄テキスタイル、バッファローチェックのパーカやハーフパンツには、撥水加工を施したテクニカル・ナイロンを組み合わせ、スタイリッシュな装いに機能性をプラスしている。

 カーキを基調としたフード付きジャケットには、イエローのパネルや華やかな幾何学模様のジャカード地の切り替え、止水テープでアクセントを効かせた。また、マウンテンパーカには、ポンチョのようなパターンに仕立てたテーラードジャケットをドッキングさせ、身体に沿う流れるようなシルエットで一体感のある佇まいを構築している。

■鮮やかなカラーで遊び心をプラス

 さらに、カラーパレットも印象的だ。カーキ、ベージュといったアースカラーや深みのある色彩を基調とするコレクションに、ピンクやブルー、イエローといったヴィヴィッドな色を差し込むことで遊び心を加えている。ライトブルーに彩られた、艶やかな合成皮革のバイカージャケットや、鮮やかなフューシャピンクのワークジャケットとパンツ、軽快なイエローのコートなどが登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード

関連記事