メゾン マルジェラ×リーボック“切り抜きアッパー”の新作スニーカー「クラシックレザー・タビ・ハイ」

2021年6月18日 09:31

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 メゾン マルジェラ(Maison Margiela)は、リーボック(Reebok)とのコラボレーションスニーカー新作「クラシックレザー・タビ・ハイ(Classic Leather Tabi High)」をメゾン マルジェラの直営店舗、一部セレクトショップなどにて2021年6月18日(金)に発売する。

■新作コラボスニーカー「クラシックレザー・タビ・ハイ」

 「クラシックレザー・タビ・ハイ」は、リーボックのアイコンスニーカー「クラシックレザー」を、メゾン マルジェラのオートクチュールの言語で再解釈したハイトップスニーカー。トゥには、メゾン マルジェラの「タビ」シューズのスプリットトゥのデザインが採用されている。

■“グラディエーターサンダル”のようなカットアウトアッパー

 注目したいのは、メゾン マルジェラのクリエイティブ・ディレクター、ジョン・ガリアーノが提唱する「デコルティケ」によってカットされたことで見えてくる“グラディエーターサンダル”のような佇まい。

 メゾン マルジェラの「デコルティケ」とは、服やアクセサリーの核となる構造だけを残して解体すること。アイテムそのものの輪郭を強調し、隠されていた内部構造や本質を明らかにするテクニックだ。

 「デコルティケ」のカットテクニックによって「クラシックレザー・タビ・ハイ」スニーカーのアッパーはパネル状にカットされ、ライニングのファブリックが露出。編み込まれたケージのようなフォルムを形作り、アンクルストラップも相まって“グラディエーターサンダル”を彷彿させる仕上がりとなっている。

■経年変化を楽しむ“ビアンケット”など全4色

 カラーは全4色を用意。ブラックレザー、ホワイトレザー、レッドレザーに加えて、ブラックレザーに手作業でホワイトペイントを施したビアンケットが登場。メゾン マルジェラのシグネチャーの1つであるビアンケットは、履き込むほどにペイントがはがれていく経年変化を楽しめる。

【詳細】
メゾン マルジェラ×リーボック「クラシックレザー・タビ・ハイ」
発売日:2021年6月18日(金)
展開場所:メゾン マルジェラの直営店舗、一部セレクトショップ、公式オンラインサイト
・ブラック / ホワイト / レッド 80,300円
・ビアンケット 86,900円

【問い合わせ先】
マルジェラ ジャパン クライアントサービス
TEL:0800-000-0261

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションスニーカーメゾン マルジェラ

関連記事