札幌発“本格”リゾット専門店「リゾッテリア ガク」都内上陸・渋谷に、こんがりチーズの焼きリゾットも

2021年6月14日 17:51

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 北海道・札幌発リゾット専門店「リゾッテリア ガク(Risotteria GAKU)」が、東京・渋谷に2021年6月11日(金)オープン。

■札幌発“本格”リゾット専門店が都内上陸

 リゾッテリア ガクは、札幌で人気の“本格”リゾット専門店。(北海道発・夜パフェ専門店「パフェテリア ベル(Parfaiteria beL)」の姉妹店)イタリアンレストランのシェフとして働いていたオーナーが、「パスタは何種類もあるのに、なぜリゾットは種類が少ないのか」と疑問に思ったところから、「リゾッテリア ガク」として専門店をスタートさせた。

 目指したのは、パスタと同じような豊富なメニューと、おなか一杯になるボリューム感、そして気軽に食べられる価格設定だ。「リゾットの定食屋」をキーワードに、1皿から気軽にオーダーできるカジュアルなレストランとして「リゾットカフェ リゾッテリア ガク」を展開する。

■北海道米で作る“日本人好み”のリゾット

 こだわったのは、北海道産の米を使うこと。リゾッテリア ガクのリゾットは、北海道で作られたこだわりの米と野菜、さらにシーフード、とろ~りとろけるチーズなどを使用して、日本人好みの味わいに仕上げられている。

 まず、リゾットはベースとなる“味”がいくつかに分かれていて、ブロード(出汁)、トマト、クリーム、自家製ミートと4種類を用意。それぞれのベースから、さまざまなメニューが展開され、例えばブロードには、砂肝・豚タン・竹の子・エリンギなど“コリコリ食感”の食材を合わせた「コリコリゾット」や、トマトベースには海老と野菜を合わせた「ぷりぷりエビと10種野菜のトマトソースリゾット」などを用意している。

■チーズをのせて焼く「焼きリゾット」アレンジも

 リゾットは、お米の量をS・M・Lからセレクトでき、さらに+200円でチーズをのせてオーブンで焼く「焼きリゾット」にアレンジ可能だ。

単品ではもちろん、+追加料金で、サラダ付き・ドリンク付き・アイスクリーム付きと“コース気分”で味わえる「リゾット セット」としてもオーダーできる。

■【詳細】

 リゾットカフェ リゾッテリア ガク
オープン日:2021年6月11日(金)
住所:東京都渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル3F
※「パフェテリア ベル(Parfaiteria beL)」隣
TEL:03-6427-8538
<メニュー例>
・コリコリゾット 1,080円
・ぷりぷりエビと10種野菜のトマトソースリゾット 1,180円
・鶏肉のフリカッセと10種野菜とカマンベールチーズのトマトソースリゾット 1,280円
・パルミジャーノ・レッジャーノのリゾット 980円

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアイスクリーム

関連記事