21年第1四半期の世界スマホ出荷台数、25.5%増 Huaweiがトップ5から消える

2021年5月5日 17:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

IDCが4月28日に公表したスマートフォン出荷台数の推計値によると、2021年第1四半期は前年同四半期から25.5%増加(7,030万台増)して3億4,550万台となっている(プレスリリース)。

出荷台数はすべての地域で大きく成長しているが、特に中国(30%増)と日本・中国を除くアジア太平洋地域(28%増)の増加幅が大きいそうだ。今回の成長はCOVID-19パンデミックが始まり、過去最大の減少幅となった2020年第1四半期との比較ではあるものの、2年前の2019年第1四半期と比較しても11%増加しており、成長は本物とのこと。

成長の主な要因としては何年も抑えられていた買い替えサイクルを5G需要が押し上げた点が挙げられるが、何よりもスマートフォンが日々の生活に欠かせないものになってきているのは明らかだという。パンデミック後の世界へ向かうにあたり、多くの消費者はパンデミックの中で生まれた新しいユースケースを持っていくと予想されるとのことだ。

ベンダー別にみると前年同四半期に2位だったHuawei(2020年第4四半期は5位)がトップ5から消える一方で、トップ5はいずれも2桁成長を実現した。1位のSamsungは成長率28.8%とトップ5中最も低いが、出荷台数は1,690万台増加して7,530万台となっている。2位のAppleは50.4%増(1,850万台増)の5,520万台と大きく成長したが、3位のXiaomiは64.8%増(1,910万台増)の4,860万台と成長率・出荷台数の増加幅ともに最も大きく、Appleとの差を詰めている。

OPPOは64.5%増(1,470万台増)の3,750万台とXiaomiに次ぐ成長を果たし、ランク外からvivoを抜いて4位に上昇した。vivoの順位は変わらず5位だが、40.7%増(1,010万台増)の3,490万台と大幅に成長している。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 統計 | 携帯電話

 関連ストーリー:
スマートフォン販売台数の減少が続くソニー、モバイル・コミュニケーション部門は大幅増益に転じる 2021年04月29日
2020年第4四半期の国内市場携帯電話出荷台数、2台に1台以上がiPhone 2021年02月28日
2020年第4四半期のスマートフォン出荷台数は前年比4.3%増、2020年1年間では5.9%減 2021年01月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国XiaomiIDCOPPO

関連記事

広告

財経アクセスランキング