中国、独自宇宙ステーションのコアモジュール「天和」が打ち上げ成功

2021年5月2日 17:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 中国は4月29日、長征5号B遥2ロケットによる宇宙ステーション「天宮」のコアモジュール「天和」の打ち上げに成功した(人民網の記事朝日新聞デジタルの記事産経ニュースの記事Yahoo!ニュースの記事)。

中国は宇宙ステーション実験機の天宮1号を2011年に、天宮2号を2016年に打ち上げ、有人宇宙飛行の技術開発を行っていた。今回打ち上げられたモジュールは2022年の完成を目指す実用版の宇宙ステーションのコアモジュールで、太陽電池パネルやドッキングポートを備えるという。

今後2機の実験モジュールを追加し、3つのモジュールからなる総重量66トンの完全な宇宙ステーションとなる予定。長期で3人、短期では最大6人の宇宙飛行士が滞在可能になるということで、ISSに次ぐ人類の新たな宇宙拠点となっていくことだろう。

 海南省文昌の打ち上げ施設で打ち上げが行われたのは日本時間4月29日12時23分。2回目となる長征5号Bロケットの打ち上げは天和を低地球軌道へ投入して成功した。天和は長さ16.6m、直径4.2m、質量22.5トンで、中国がこれまでに建造した中で最大かつ最も重い宇宙機だという(中国国家航天局のニュース記事)

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | 中国

 関連ストーリー:
中国とロシア、独自の「国際月科学ステーション」の建設に向けて協力することに合意 2021年03月12日
中国の月探査車、月面で奇妙な岩石を発見 2021年02月17日
UAEと中国の火星探査機、相次いで火星周回軌道に投入される 2021年02月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国ロケット長征5号

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告