鬼滅の刃の映画が全米2位スタート ロサンゼルスで特別列車も運行中

2021年4月27日 19:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国内でも4月23日から上映が開始された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。米国での作品名は「Demon Slayer(デーモン スレイヤー)」だそう。米国ではR指定を受けたため、収益は不利と見られていたが、4月23日の上映開始では1598箇所の劇場で上映が行われ、週末3日間の興行収入は1954万2227ドルとなった。モータルコンバットに続く2位で外国語の映画としては史上最高のオープニング成績だったとしている(Yahoo!ニュース個人Box Office Mojo ANNnewsCH[動画])。

その米国で上映に合わせて特別編成の車両が運行されているそうだ。車両自体の写真は鬼滅の刃の英語版Twitterにて掲載されている(Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba (English))。

KAMUI 曰く、 4月23日に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が正式公開されたアメリカ合衆国だが、それに合わせてロサンゼルスで無限列車が運行されてるそうだ。どんなものかは英語版公式ツイッターをご覧ください。

・・・SLのはニュースにもなったけど、この手のは日本ではやってたっけ? ちょっと見てみたいかも(笑)

 スラドのコメントを読む | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
映画「鬼滅の刃」無限列車編、アメリカには4月に到着 2021年03月19日
ジャンプでこれまで最も稼いだマンガのタイトルは? 2021年02月02日
コロナの影響により売れなくなった消費財。口紅に酔い止め、咳止めなど 2020年12月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ鬼滅の刃

関連記事

広告

財経アクセスランキング