「恐竜展2021」恐竜の生態や繁栄の謎に迫る企画展が東京ドームシティで

2021年4月12日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「恐竜展2021」が、2021年7月10日(土)から9月5日(日)まで、東京ドームシティ・ギャラリー アーモにて開催される。

■恐竜の生態や繁栄の謎に迫る

 「恐竜展2021」は、1億6000万年もの時間をかけて大きく進化を遂げた恐竜にフォーカスする企画展。世界でもトップレベルの研究成果を誇る福井県立恐竜博物館協力のもと、全身復元骨格などを多数紹介し、恐竜の生態・繁栄の謎に迫る。

 中でも目玉となるのは、全長12m“実物大”のティラノサウルスロボ。さらに、会場では「ティラノサウルスとトリケラトプスの対決」をテーマにしたネイキッドによる大型映像も展開予定だ。なお、イベントの詳細は追って明らかになる。

■【詳細】

 「恐竜展2021」
会期:2021年7月10日(土)~9月5日(日)10:00~18:00
※開催期間中無休、最終入館は閉館の30分前まで。
会場:ギャラリー アーモ
住所:東京都文京区後楽1-3-61
料金:
当日 一般(大学生以上) 1,500円/中・高校生 1,200円/こども(4歳以上) 900円
前売 一般(大学生以上) 1,300円/中・高校生 1,000円/こども(4歳以上) 700円

【問い合わせ先】
東京ドームシティわくわくダイヤル
TEL:03-5800-9999

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード東京ドームシティ恐竜ネイキッド

関連記事

広告

財経アクセスランキング