映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』伝説の反逆者“ネッド・ケリー”の素顔に迫る

2021年4月10日 19:40

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』が2021年6月18日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほか全国順次公開。

■伝説の反逆者“ネッド・ケリー”の知られざる素顔に迫る

 映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』は、権力と差別に立ち向かった伝説の反逆者“ネッド・ケリー”の知られざる素顔に迫る作品。原作となるのは、イギリスの文学賞・ブッカー賞を受賞したピーター・ケアリーの同名小説で、これまで“英雄”として語られてきたネッド・ケリーを、貧しく悲惨な境遇から抜け出そうと苦悩し、闘う、ひとりの若者として描き出す。

■ネッド・ケリー役にジョージ・マッケイ

 今なお多くの人々を魅了するオーストラリアの英雄ネッド・ケリーの物語は過去にも映画化され、『太陽の果てに青春を』ではミック・ジャガーが、『ケリー・ザ・ギャング』では故ヒース・レジャーが演じた。そんな“映画界のレジェンド達”が挑んできたネッド・ケリー役を本作『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』では、『1917 命をかけた伝令』で主演を務めたジョージ・マッケイが演じる。

■ラッセル・クロウなど豪華キャスト陣も勢揃い

 また、母親が幼いネッドを売り渡す盗賊のハリー・パワー役にラッセル・クロウ、ネッドを執拗に追い詰める警官のフィッツパトリック役にニコラス・ホルト、横暴なオニール巡査部長役にチャーリー・ハナムを起用するなど、豪華キャスト陣も勢揃いする。

■監督はジャスティン・カーゼル

 監督は、世界的人気ゲームを実写化した映画『アサシン クリード』でハリウッド進出を果たしたジャスティン・カーゼルが担当。現代性とパンク精神を加えた斬新な表現で、国中にその名を轟かすおたずね者“ネッド・ケリー”の生涯を描く。

■映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』<ストーリー>

 19世紀、オーストラリア。貧しいアイルランド移民の家庭に育ったネッド・ケリー。頼りにならない父の代わりに、幼い頃から、母と6人の姉弟妹を支えてきたが、父の死後、生活のため母はネッドを山賊のハリー・パワーに売りとばす。ネッドはハリーの共犯として10代にして逮捕・投獄されてしまう。出所したネッドは、娼館で暮らすメアリーと恋に落ち、家族の元に帰るが幸せも長くは続かない。横暴なオニール巡査部長、警官のフィッツパトリックらは、難癖をつけてはネッドや家族を投獄しようする。権力者の貧しい者への横暴、家族や仲間への理不尽な扱い。自らの正義、家族と仲間への愛から、ネッドは弟らや仲間たちと共に“ケリー・ギャング”として立ち上がり、国中にその名を轟かすおたずね者となっていく…。

■作品詳細

 『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』
公開日:2021年6月18日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督・製作:ジャスティン・カーゼル
脚本:ショーン・グラント
原作:ピーター・ケアリー「ケリー・ギャングの真実の歴史」
製作:リズ・ワッツ、ハル・ヴォーゲル
撮影:アリ・ウェグナー
音楽:ジェド・カーゼル
編集:ニック・フェントン
プロダクションデザイン:カレン・マーフィ
出演:ジョージ・マッケイ/ニコラス・ホルト/ラッセル・クロウ/チャーリー・ハナム/エシー・デイヴィス/ショーン・キーナン/アール・ケイヴ/トーマシン・マッケンジー

2019年/オーストラリア=イギリス=フランス/英語/125分/ビスタサイズ/原題:True History of the Kelly Gang/PG-12

配給:アット エンタテインメント
後援:オーストラリア大使館

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアサシン クリード1917 命をかけた伝令

関連記事

広告

財経アクセスランキング