ファミコン用ソフトの未開封品、66万ドルで落札 米国で

2021年4月7日 08:42

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  朝日新聞の記事によると、任天堂のゲーム機「ファミリーコンピュータ」の海外版(NES)用ソフト「スーパーマリオブラザーズ」の未開封品が、アメリカのオークションで66万ドルで落札されたそうだ。

売却者は、1986年にクリスマスプレゼントとして購入後、今年になるまで約35年間、机の引き出しに未開封のまま入れたままだったらしい。初期生産向けの特殊なプラスチック包装が高額の理由の一つだそうだ。同じオークション会社では、昨年、NES用ソフト「スーパーマリオブラザーズ3」が15万6千ドルで落札され、過去最高を更新したが、今回はそれを大きく上回るそうだ。

なお、私の家の押し入れにも未開封品のPS3(グランツーリスモ同梱の限定品)があるのですが、これもオークションに出したら購入価格より高く売れるかもしれません。皆様の家にある、年代物の未開封品はどんなものでしょうか。

 スラドのコメントを読む | ゲーム | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Twitterの最初のツイートが約2億1800万円で落札 2021年03月24日
2020年ノーベル経済学賞はオークション理論を発展させた米国の2氏が受賞 2020年10月13日
PayPayの無料ポイントを現金化したとして、認証代行業の一家3人が逮捕される 2020年10月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ任天堂

関連記事