ライフ RSS

 

英会話教室で英語が話せるようになる人といつまでも話せない人 その違いは?

2021年3月27日 12:15

小

中

大

印刷

 英会話教室に通っているのに、いつまでも英語が話せないという人は多いのではないだろうか。これは今も昔も変わっていないようだ。だが着実に英語力を伸ばしている人がいることも事実である。では「英語が話せるようになる人」「いつまでも話せない人」の違いはどこにあるのだろうか。今回はその違いについて解説していこう。

【こちらも】英語力上達には英和辞書よりも英英辞書を おすすめアプリは?

■英会話以外でも英語を勉強する

 英会話教室で英語が上達する人は、教室以外でも英語を勉強している。自宅や通勤中など空いた時間でYouTubeやスマホのアプリを使って勉強したり、積極的に英語が使える場所にも顔を出すなど、常日頃から英語に触れることを欠かさない。

 英会話教室に通ってもいつまでも英語が上達しない人は、教室の時だけしか英語を勉強していない傾向にあるようだ。これでは語学の上達に必要な、絶対的な時間を稼ぐことができない。

■教材にたよらない

 上記に共通するところがあるが、英会話教室だけでは英語は上達しない。英語が上達しない人は「結果は教材次第」と思っているようだ。英語教材が影響するのは「使いやすいかどうか」「楽しめるかどうか」等のほんの僅かな部分といえる。

■粘り強い

 語学習得には絶対的な時間が必要である。よく「1万時間の法則」という言葉を耳にすることがあるが、日本人が英語を習得するのに必要なのは「2200時間」といわれている。

 これは1日1時間とすると6年程度になる。語学留学が最も効率的な理由はこの為といえるだろう。つまり英語の習得には絶対的な時間が必要であり、粘り強く英語を勉強し続けることが重要なのだが、いつまでも英語が話せない人はすぐに諦めてしまう。

■コミットメント

 何事も未知の領域に踏み込むにはコミットメントが必要である。その為にはゴール設定が必要だ。「通訳になる」「英語を字幕なしで理解できるようになる」「コミュニケーションがとれるようになる」など何でも良い。目的が無ければ語学の習得は難しいだろう。

■学ぶことを楽しんでいる

 英語が上達する人は、英語を勉強すること自体を楽しんでいる。楽しくなければ続けることは難しい。これは大人も子供も変わらない。

 以上自分に当てはまる項目があっただろうか。もしあなたが今英語を勉強しており、上記の項目に該当するのであれば、早速今日から改善していこう。問題が分かればそれを修正すれば良いのだ。(記事:newpowersoul・記事一覧を見る

関連キーワード英会話

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース