宇宙線の影響による誤動作、NTTの通信装置で年間約3万〜4万件発生と推定

2021年3月24日 07:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

PCなどの電子機器が宇宙線の影響によって誤動作することはよく知られているが、共同通信の記事によると、この「ソフトエラー」と呼ばれる現象が、NTTの国内における通信装置で年間約3万~4万件ほど発生しているという。国内のインフラでの発生規模が明らかになるのは初めてとのこと(共同通信)。具体的な検証内容などについては報じられていないが、2020年11月に発表された半導体のソフトエラー発生率を計測する技術によって得られたデータだと思われる(TECH+)。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | NTT | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
東大宇宙線研究所などが1月に観測したガンマ線バースト、これまで観測されていたものの10倍以上のエネルギーを確認 2019年11月25日
月面に衝突した探査機Beresheet、大量のクマムシを搭載していた 2019年08月08日
宇宙線が地上のIT機器に及ぼす影響を調べるべく日立研究所が実験を行う 2018年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード半導体NTT

関連記事