【特集】四半期決算発表時に独自材料で業績を上方修正した銘柄と逆風下で設備投資を推進した銘柄に注目

2021年3月22日 09:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 今週の当特集では、補助線候補としてアナログ的にユニークでビジュアル系の個別材料を内包する小型株に注目することとした。一つは、やや旧聞に属するが、今年1月末以来の四半期決算発表時に独自材料で業績を上方修正した銘柄で、もう一つはコロナ禍が続く逆風下で意欲的な設備投資を推進した銘柄である。このほとんどが、1部半的な小型株や東証第2部銘柄や新興市場株などで占められ、投資採算的にもなお割安水準にある銘柄も多く、全般「E字型」相場のなかで新補助線銘柄として存在感を発揮する展開も想定される。

■獣害対策用防護柵や医療キャスター、ペーパータオルなどが業績押し上げ

 シンプルでアナログでビジュアルな要因で今2021年3月期業績を上方修正した銘柄の代表とも位置付けられるのは、トーアミ<5973>(東2)だろう。獣害対策用の防護柵の販売増を要因の一つに上げている。街中に猪、熊などが出没したびたびテレビニュースで大きく取り上げられるが、その獣害対策製品である。株価は、この業績修正で71円高し昨年来高値599円に迫ったが、PERは12倍台、PBRは0.31倍の評価にしか過ぎない。続いて主力製品のワイヤーメッシュの敷込工事でも施工建設会社を連結子会社化しており、来期業績への期待も高まる。

 同様に独自の上方修正要因を挙げた値ごろ割安小型株は、医療キャスターのナンシン<7399>(JQS)、ペット専門店の新規出店のキムラ<7461>(JQS)と続く。また株価が4ケタ台の小型割安株をコード番号順に列挙するとペーパータオルの特種東海製紙<3708>(東1)、除雪用品の浅香工業<5962>(東2)、非接触の自動水栓のSANEI<6230>(東2)、米国の庭整備需要の竹内製作所<6432>(東1)、空気循環式紫外線清浄機の岩崎電気<6924>(東1)、ゴルフ・アウトドア用品のヒマラヤ<7514>(東1)、ガーデニングのタカショー<7590>(東1)となる。ダイワボウホールディングス<3107>(東1)、ウチダエスコ<4699>(JQS)、内田洋行<8057>(東1)は、児童一人に情報端末1台を整備する「GIGAスクルール構想」の補正予算執行により業績を上方修正した。

■カニかま工場、強力吸引作業車工場、新支店の建設などをテコに高値追い

 一方、目立った設備投資計画を開示した小型株は、コード番号順に列挙すると皿うどん工場のヒガシマル<2058>(福)、ドレッシング・パスタソース工場のピエトロ<2818>(東1)、カニかま新工場の一正蒲鉾<2904>(東1)、フィリピンの海底ケーブル海洋調査のアイ・ピー・エス<4390>(東1)、新型コロナウイルスワクチンの原液工場のJCRファーマ<4552>(東1)、強力吸引作業車・高圧洗浄車の新工場の兼松エンジニアリング<6402>(東2)、インド子会社の生産設備増強の日精エー・エス・ピー機械<6284>(東1)、新店舗・敦賀支店建設の今村証券<7175>(JQS)、老朽化工場の建て替えのセーラー万年筆<7992>(東2)などとなる。

 多くの銘柄が、業績上方修正や増配を伴い足元で昨年来高値追いとなり、投資採算的には市場平均を上回っているが、積極的な設備投資による来期、来々期業績の寄与度期待が上値チャレンジをサポートしよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング