エイトレッドのワークフローシステム「アジャイルワークス」がドキュメント管理ソリューションと連携し電子帳簿保存法申請など効率化

2021年3月3日 17:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■3月下旬、連携アダプターをウイングアーク社から提供開始

 エイトレッド<3969>(東1)は3月下旬から、同社のワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」と、帳票・文書管理ソリューションなどを展開するウイングアーク1st株式会社(東京都港区)のドキュメント管理ソリューション「SPA」を連携させ、そのためのアダプター「SPA Cloud Adapter for AgileWorks」(3月22日提供開始)、「SPA Adapter for AgileWorks」(3月31日提供開始)をウイングアーク1stから提供開始する。

■電子化と税務調査・各種監査対応の簡易化、電子帳簿保存法対策の効率化など促進

 発表によると、エイトレッドのワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」は、申請・承認業務の効率化に特化し、柔軟なワークスタイルの実現とペーパレス化を実現するソリューション。一方、「SPA」は、文書の保管から記録文書のライフサイクル・証跡管理に強みを持つドキュメント管理ソリューション。

 これらを連携させ、申請時の属性情報と合わせて文書を電子的に一元管理することで、企業における電子化と税務調査・各種監査対応の簡易化、電子帳簿保存法対策および参照業務の効率化を促進する。

 「AgileWorks」に本アダプターをセットアップすることで、ノーコードで「SPA」と連携することが可能になる。「AgileWorks」の申請情報や添付ファイルを「SPA」に保管でき、その文書が参照できる。保管した文書は適切にアクセス管理され、管理に必要なユーザーやグループの情報は「SPA」と連携される。ワークフロー申請ナンバーを「SPA」と会計システムに持たせることにより、電子帳簿保存法で求められる「帳簿との相互関連性」を実現する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告