ワイズ ピンク 2021年春夏コレクション - 等身大の佇まいを映し出す、本質的な服の追求

2021年3月2日 17:36

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ワイズ ピンク(Y's Pink)の2021年春夏コレクションを紹介。

■本質的な服作りを追求、メンズパターンをベースに

 テーマは「REALITY」。本質的な服作りを見つめ、ルーツに立ち返った今季は、2000年代のワイズフォーメン(Y's foe men)から着想を得たメンズパターンをベースにしたジェンダーレスなクリエーションを展開。気を張らずに着られるリラクシングな雰囲気と、リアルな手触りが“等身大”の装い、“素”の表情を映し出す。

■リラクシングなテーラードスタイル

 テーラードスーツは、端正な仕立てながらもどこか肩の力が抜けたムードを漂わせている。ボックスシルエットのテーラードジャケットは、身体に程よくフィットしつつゆとりのある造形に。低めのラペルや、やや大きめに仕立てたショルダー、断ち切り仕様の袖口が抜け感を作り出している。エレガントなギャバジンに加え、ソフトな質感のツイードジャケットも登場する。

■ミリタリーウェアも緩やかに

 また、ミリタリーテイストのウェアも緩やかな空気感を放っている。ロング丈のトレンチコートには、シルクのような光沢感としっかりとしたタフな質感、ナチュラルな落ち感を兼ね備えたナイロン素材を採用。ゆったりとした袖、上まで留めてもやや開きのある襟元、斜めに配された雨よけといった個性的なディテールが余韻を残し、要所要所に施されたボタンがデザインにアクセントを効かせる。大きなポケットを配したミリタリーブルゾンには、洗いをかけることでヴィンテージ感のある風合いに仕上げた。

■優しい色味とソフトな質感

 生成りのチャイナジャケットやしなやかなカーゴパンツ、Vネックのシルクニット、グレーのマーブル模様を配したカットソーなど、優しい色味と柔らかな感触を組み合わせたウェアも散見された。チャイナボタンをあしらったフード付きコートは、ネップ感のあるリネンシルク素材を採用。生地を贅沢に使用することで、生地表面の節とドレープが共鳴し、表情豊かな仕上がりに。シワ感を残した白ブラウスは、カフスを長めに仕立てることでさり気ない優雅さを加えている。

■自然な布地の流れを生かして

 さらに、布地の自然な流れをそのまま服に落とし込んだかのようなロングドレスが目を引く。ノースリーブの天竺カットソードレスは、襟元にフットボールシャツのようなディテールを加えることで、マニッシュな要素をプラスした。また、ブラックのロングシャツドレスは、身頃と袖が連続したドルマンスリーブのダイナミックなシルエットに。風を含んでふわりと揺れ動き、軽快な佇まいを演出する。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードワイズ ピンク(Y's Pink)2021年春夏コレクション

関連記事

広告