エイベックス、米AEGと共同事業展開へ グローバル展開を加速

2021年3月2日 07:26

小

中

大

印刷

画像: AEGXのホームページ

画像: AEGXのホームページ[写真拡大]

写真の拡大

 エイベックス・エンタテインメント(東京都港区)は1日、音楽興行ビジネスを展開する米AEGの音楽興行部門AEG Presentsと、相互補完的パートナーシップを締結、共同事業「AEGX」をスタートすると発表した。アジアのアーティストやコンテンツを世界中に届ける。

【こちらも】「気持センシングラボ」にエイベックス参画 行動分析にバイタルデータ活用

 AEG Presentsは、世界各国にアリーナシアターなどの興行施設を保有しており、フェスティバルやグローバルツアーのノウハウを持っている。エイベックスはこれを活用し、ライブ事業のグローバル展開を加速する考えだ。AEG Presentsもエイベックスのリソースとプラットフォームを活用し、日本の音楽ファンに向けて海外アーティストのマーケティングを実現する。

 AEGアーティストの共同プロモーションや新たな音楽フェスティバルや興行施設の共同開発も行う。エイベックス所属・契約アーティストのみならず、アジア圏アーティストのグローバルツアーのプロモーションにも注力していく方針だ。

 AEG Presentsのジェイ・マルシアーノ会長兼CEOは、「AEGXを立ち上げることで、世界を国境のないグローバルコミュニティとして見ているミュージシャンのために、真の機会を創出することが可能になる」とコメントを出している。

 AEG Presentsは、アメリカに本社を持つ世界最大の総合ライブ・エンタテインメント企業であるAEG(アンシューツ・エンタテインメント・グループ)の中核事業部門。音楽ツアーの興行やフェスティバル運営、ホール、劇場経営などを行っている。年間開催イベント数は2万2000以上でチケット販売数は1億6000万枚以上にのぼる。

 AEGはエンタテインメント街構築に特化した不動産デベロッパーとして、世界300会場を保有・運営している企業だ。主要スポーツ球団も複数所有している。エイベックスの黒岩克己社長は、「世界的なエンタテインメント企業であるAEG PresentsとAEGXのスタートを発表できることを嬉しく思う」とコメントしている。(記事:土佐洋甘・記事一覧を見る

関連キーワードエイベックス・グループ

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース