ファセッタズム 2021年秋冬コレクション - 心地良く個性を引き出す洋服

2021年2月26日 16:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ファセッタズム(FACETASM) 2021年秋冬メンズ・ウィメンズコレクションが、ロンドンを拠点にするオンライン・ライフスタイルマガジン「somewhere magazine」にて発表された。

■洗練されたリラクシングなムード

 コレクション全体を通して、ゆったりとリラクシングな雰囲気に包まれた今季のファセッタズム。それでいて野暮ったさを感じさせない都会的なムードも内包しているのは、シルエットやディテールに一捻り加えたアプローチを加えているからだろう。例えば着心地の良さそうなスウェットパンツは、センタープレスをピシッと配したハリ感のある仕上がり。またモデルの体躯をすっぽり包む、超ボリューミーなダウンジャケットは、股上のショート丈に仕立てることで、モダンな表情へと引き寄せている。

■スーパービッグジャケット&パンツに新作

 先シーズンに続き登場するスーパービッグサイズのジャケット&パンツには、温かみのあるコーデュロイとチェック柄の新作が仲間入り。肩パッドを入れたマスキュリンなシルエットながら、贅沢に生地を使用したアームのドローコードを調節することで、“クシュクシュ”っとした柔らかな表情をプラスできるのも面白い。

■自由な装飾を加えて

 ファセッタズムらしい捻りをきかせた装飾もまた、今季を語る上で欠かせない要素だ。首周りのどの位置でもキュッと結べるリボン付きのコートや、ボディ一杯に異素材のリボンをふんだんに飾ったジャケット、大きな襟付きでクラシカルなムードをプラスしたボディスーツなど。足元は靴下×カラフルなスニーカーを合わせることで、アクティブなテイストもプラスしている。

■繋げて、切り離して…

 シーズンを跨いだアイテム同士でも、連結させることができる人気のジップシリーズ。今季は鮮やかなパイピングを施した、秋冬らしいフリース素材で登場だ。アームだけを切り替えたり、丈を伸ばしてみたり、そのアレンジは纏う者の自由。フーディーやチェックのブルゾンが目を惹くルックでは、敢えて何も連結させず切りっぱなしのポンチョのようにして重ねることで、観る者を楽しませる秋冬のレイヤードスタイルを提案している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカーファセッタズム2021年秋冬コレクション

関連記事

広告