大坂なおみ、2年ぶり2度目の優勝 テニス全豪オープン

2021年2月20日 20:37

印刷

 20日、オーストラリア・メルボルンで女子テニスの全豪オープンシングルス決勝が行われ、世界ランク3位の大坂なおみが同24位のジェニファー・ブラディ(アメリカ)に6-4、6-3で勝利した。大坂は2年ぶり2度目の優勝、4大大会は昨年の全米オープンに続き連勝した。

 第1セット、大坂は第1ゲームをラブゲームでキープすると、ブラディも2度デュースに持ち込まれながらも第2ゲームをキープ。第4ゲームは、ブラディが2度のダブルフォルトの末、大坂がラブゲームでブレークするも、第5ゲームをブラディがデュースの末、ブレークバックする。

 第8ゲームは、3度のデュースの末、ブラディが2本のサービスエースでキープする。第9ゲームは、大坂がブレークポイントを握られるもキープする。5-4で迎えた第10ゲームは、ブラディのダブルフォルトで大坂がブレークポイントを握ると、ブラディにミスショットが出て6-4で第1セットを奪う。

 第2セット、大坂が第1ゲームをキープすると、第2ゲームもブレークする。第3ゲームをキープすると、第4ゲームもブラディにミスショットが出てブレークし、4-0と優勢に試合を進める。第5ゲームは、ブラディが粘りを見せ2度目のプレークポイントからブレークする。ブラディは、第6ゲームをラブゲームでキープし4-2とされる。

 大坂は、第7ゲームのブラディの攻めをしのいでキープすると、ブラディも第8ゲームをキープ。5-3で迎えた第9ゲーム、大坂は落ち着いてファーストサーブを決めラブゲームでキープし、6-3で第2セットも奪い優勝を決めた。

関連キーワードテニス全豪オープン大坂なおみ

関連記事