NASA、エウロパクリッパー探査機の打ち上げをSLSから民間調達に変更

2021年2月16日 17:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 2024年打ち上げ予定とされていたNASAの木星の衛星エウロパの探査機「エウロパクリッパー」だが、これまで開発中の超大型ロケットSLSを用いるとしていた打ち上げロケットが、2月2日に民間から調達することが予告された(Yahooニュースの記事, SpaceNewsの記事)。

 エウロパクリッパーのミッションでは、当初スイングバイを繰り返して6年半かけて木星圏に向かうことが計画されていた。だが、開発中のSLSを用いれば、スイングバイを必要とせず2年半程度で到達可能になるとして、米議会により予算案の中でSLSを使うことが明記されていた。

 しかし、SLSの開発は遅延を繰り返しており、NASAはSLSをアルテミス計画に専念させる意味でも望ましくないとして予算案の変更を要求、今回の民間調達に至ったという。NASAではこれにより予算を最大15億ドル(約1570億円)節約できるとしている。どのロケットを調達するかは未定だが、要件を満たすロケットは現状SpaceXのファルコンヘビーしか存在しないため、こちらが有力視されている。一方で、NASAは2月10日、建設予定の月ゲートウェイの最初の打ち上げロケットとして同じくファルコンヘビーを選定したことを発表している(Soraeの記事)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | NASA

 関連ストーリー:
NASAの超大型ロケット「SLS」、エンジン燃焼試験に挑むも予定時間に達せず停止 2021年01月20日
NASA監察総監室曰く、2024年中に人類を再び月へ送るというアルテミス計画のスケジュールは非現実的 2020年11月23日
2024年の月旅行、何を持っていく? 2020年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケットSpaceX木星

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
 

広告

ピックアップ 注目ニュース