ザ・リラクス 2021年春夏ウィメンズコレクション - 新たな“リュクス”を求めて

2021年1月27日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・リラクス(THE RERACS)の、2021年春夏ウィメンズコレクションを紹介。

■“新たな価値”を備えたリュクスなウェア

 自然光の中になじむような優しくリラックスした雰囲気と、洗練されたムードを漂わせる今季のザ・リラクスのテーマは「RELUX」。緊張感を緩め、ゆとりのある仕立てにシフトさせることでコンフォートさを演出する一方で、ザ・リラクスがかねてより大切にしてきた素材使いによってラグジュアリーさを表現。上質な素材へのこだわりはもちろんのこと、合成繊維にも多彩な機能を加えることで新たな価値をプラスし、現代ならではのリュクスなウェアを提示する。

■現代に即した合成繊維の機能と風合い

 特に、合成繊維を使ったピースに注目だ。シワになりにくい素材など、合成繊維だからこそ実現可能な、多彩な機能を付加したウェアを展開。機能性が付与されたことによって生まれる新たな価値基準に注目し、合成繊維による「現代的なラグジュアリーウェア」の可能性を提示した。

 また、機能性と同時に、光を受けてキラキラと輝く質感や、表面のなめらかさなど、見た目の風合いも重視している。例えば、一見すると綿のように見えるポリエステルのマウンテンパーカーは、素材のふくらみ、ハリによって立体感のある仕上がりに。軽やかな着心地ながらも、凛とした佇まいを形作っている。

■緩やかなシルエット

 加えて、「RELUX」を象徴するシルエットにも注目だ。フード付きのブルゾンはなだらかな曲線を描き“卵”のようなシルエットに。タイロッケンコートはドロップショルダーで、身体に沿うように丸みを帯びた造形に仕立てられている。さらに、ドルマンスリーブを採用したシャツや、空気を含むような広がりのあるハーフスリーブのブラウスなど、リラクシングなフィットのウェアが散見された。

 ただ、ゆとりを持たせていてもその佇まいは端正で、品格が漂う。ロング丈のフーデッドコートには大きくスリットをあしらうことで布地のドレープ感や躍動を生み出し、ロングドレスは布地をたっぷりと使いつつ、布地の落ち感とのバランスを活かして縦長のシルエットを生み出している。

■柔らかくナチュラルな色彩

 ブラックやホワイトなどのベーシックなカラーに加え、柔らかさのあるアイボリーやカーキ、ベージュなどナチュラルな表情の色彩が多く用いられている。アイボリーのブラウスやワンピースは陽の光を受けてその柔らかさを増し、淡いベージュのしなやかなロングドレスには、金色のミニマルなボタンを採用することで自然体の空気感が漂う中に繊細な華やかさを加えた。

■今季からバッグが新登場

 また、ザ・リラクスは、今季より新たにバッグの展開をスタート。タフで上質なレザーや合成皮革を採用した、ショルダーストラップ付きのコンパクトなバッグやクラッチバッグ、ざっくりと口の開くバケットバッグなどを展開する。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・リラクス(THE RERACS)2021年春夏コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース