フェンディ 2021年秋冬メンズコレクション - 別世界で生まれた紳士服

2021年1月27日 09:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 フェンディ(FENDI) 2021年秋冬メンズコレクションが、2021年1月16日(土)にイタリア・ミラノにて発表された。

■別世界が生み出すコレクション

 360度鏡張りのトンネルに、視覚を刺激するライトとネオンカラー、錯覚の原理を利用したオプ・アート。今シーズンの会場は、それらを融合させることで、ゲームの迷路の世界に迷い込んだかのような“イリュージョン”を作り上げた。

そんな空間の中へ現れたのは、ネオンカラーのライトと呼応するかのような色彩を取り入れたメンズウェア。秋冬の定番カラーであるブラックやキャメル、チャコールに対して、宝石のようなエメラルド、バーミリオン、サフラン、オレンジ、フューシャ、コバルトといった鮮やかなカラーが、楽し気なムードへと誘い出すようだ。

■クラシカルなメンズウェアを一捻り

 コレクションの主流となるのは、クラシカルなメンズウェアであるが、今季は前述したような色使いに加え、フォルムや素材にも捻りを加えているのが印象的。例えば艶やかなシルクジャカードをダイアゴナルキルトで膨らませた、ショールカラーのラウンジコートやシャツジャケットは、コクーンのような心地の良さを贅沢に表現。

 また伝統的なリブ編みやケーブル編みが紡ぐ、斬新なニットウェアも登場。襟の代わりに、“スリーブ”を垂れ下げたセーターや、カーディガンを再構築したスカーフ。そしてハイネックセータと合わせたオーバーオールも、これらの伝統的なニットテクニックによって、温かみのあるモダンな一着へと姿を変えている。

■ノエル・フィールディングによるサイケデリックなアートワーク

 今季を語る上で欠かせないのが、ロンドンのアンダーグラウンドシーンで活躍するアーティスト兼パフォーマー、ノエル・フィールディングによるサイケデリックなアートワークだ。本コレクションの為に手掛けたという“落書き風”のカラフルな「FENDI」ロゴは、オーバーコートの一面に登場。またベーシックカラーのショート丈ベストやガウンにも、カラフルなアート作品をあしらったことで、秋冬の寒空に映える楽し気な一着に仕上げている。

■色鮮やかなアクセサリー

 スタイリングのアクセントになるアクセサリーも、今季のムードを反映させた鮮やかな色使い。レザー、マットサテンなどにディップ効果を出した「バゲット」や、フラットショッパーバッグをはじめ、FFロゴの刻印入りストライプモノグラムレザー製のクロスボディポーチが登場。またブランドのアイコンバッグ「ピーカブー」も、ノエ ル ・フィールディングのグラフィックアートで、遊び心溢れるビジュアルへと昇華させている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードフェンディ(FENDI)ミラノ2021年秋冬コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース