日経平均テクニカル:続落、「コマ」出現で値幅調整リスク

2021年1月18日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:続落、「コマ」出現で値幅調整リスク
18日の日経平均は続落した。ザラ場高値が5日線を下回ったほか、ボリンジャーバンドでは終値が+2σを下放れて上値追いの小休止を示唆している。ローソク足はマドを空けて下げ、寄り引けほぼ同値で胴体部分と上下のヒゲも短い「コマ」を示現。高値圏でのコマ出現だけに明日19日が大幅続落で終われば値幅調整が始まるリスクが増す点に留意したい。RSI(14日ベース)は14日を直近ピークに下降を続けて本日は72.27%で終了。RSIの周期性から50%ゾーンに向けた低下が予想され、目先はRSIの低下とともに上値が重くなる展開が想定される。《FA》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース