「サロン・デュ・ショコラ 2021」チョコレートの祭典が新宿ほか全国で

2021年1月18日 16:08

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 国内最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2021」が、伊勢丹新宿店本館6階 催物場で開催。期間は、2021年1月21日(木)から2月3日(水)まで。

 加えて、東京会場と取り扱う商品のラインナップが一部異なる内容で、丸井今井札幌本店・名古屋栄三越・ジェイアール京都伊勢丹・岩田屋本店・仙台三越・広島三越でも開催される。

■「サロン・デュ・ショコラ 2021」国内外の人気チョコレートブランドが集結!

 国内最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」が2021年も開催。今回、新宿会場では、会場を新宿NSビルから新宿伊勢丹6階の催物場へと移し、「サロン・デュ・ショコラ」初の試みとなる“パート1”、“パート2”に会期を分けて開催する。

 新規15ブランドを含む、約120のブランドの個性豊かなチョコレートが国内外から勢揃いする2021年のテーマは“つながりは、はじまり”。チョコレートの作り手が大切にしている人やモノとの“繋がり”にフォーカスし、それぞれの作り手の個性や哲学を紐解いていく。

■<パート1>“カカオ”を味わえるビーントゥバーチョコレート&スイーツを集積

 1月21日(木)から1月25日(月)までとなるパート1は“テイスト オブ カカオ(TASTE OF CACAO)”がテーマ。ビーントゥバーをはじめとするカカオ本来の味わいを楽しめるチョコレートやスイーツをメインに取り揃える。

■注目の新ブランドをピックアップ

■ネル クラフト チョコレート トウキョウ

 まず注目なのが、東京・日本橋に店舗を構える「ネル クラフト チョコレート トウキョウ(nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO)」。シェフの村田友希は、ワールドチョコレートマスターズ優勝経験のある水野直己に師事し、スーシェフを務めたキャリアもあるチョコレートに精通した人物だ。

 商品ではビーントゥバーはもちろん、日本ならではの和素材と自ら加工したカカオ豆を組み合わせた“ビーントゥボンボン”も人気商品。チョコレートのみならずカカオ豆を使った幅広いジャンルのスイーツも展開している。

■パティスリー ジュン ウジタ

 そして、同じく日本のブランドである「パティスリー ジュン ウジタ(Patisserie JUN UJITA)」にも注目。東京・目黒にフランス菓子店として店舗を構えており、シェフの宇治田潤は菓子作りに使用するクーベルチュールをカカオ豆から製造するというユニークな取り組みをしていることで有名だ。

2019年のパリの「サロン・デュ・ショコラ」にも出展しており、チョコレートのクオリティの高さは折り紙付き。ミルクやカフェ、ノワールといったベーシックなチョコレートはもちろん、よもぎや木苺・桃、ホットワインなどのフレーバーは是非一度味わってみたいところだ。

■<パート2>“職人技”を徹底的に追及したチョコレートが続々登場

 そして、1月28日(木)から2月3日(水)までのパート2では、“ジ・アーチザンズ(THE ARTISANS)”というテーマの元、ショコラティエやパティシエの“職人技”に徹底フォーカス。開催毎に好評の、多様な職人たちによるチョコレートをアソートした、「サロン・デュ・ショコラ」限定セレクションボックスも展開する。

 限定セレクションボックスは「エモーション~想いをつなぐ~」「テロノワール~大地とつながる~」「アンスタン~時をつなぐ~」の3種を用意。それぞれ、作り手の抱く“想い”、所縁の“土地や文化”、人生における特別な“瞬間”から着想したバラエティ豊かなチョコレートを詰め合わせる。

■フランスから登場する注目の新規ブランド

 パート2でおすすめなのが、フランスから新しく東京の「サロン・デュ・ショコラ」へ上陸する2つのブランド「オー プティ プランス(AU PETTIT PRINCE)」「アルバン・ギルメ(Alban GUILMET)」。

ブルターニュにルーツを持つ「オー プティ プランス」は、ブルターニュのバターやソバを使ったクリエイションが特徴のチョコレートを展開する。

 ノルマンディのカーンに店舗を持つ「アルバン・ギルメ」は、ノルマンディ地方の特産品であるリンゴを使用したボンボンショコラを今回の「サロン・デュ・ショコラ」で販売する予定だ。

■サロン・デュ・ショコラだけのイートイン&テイクアウトメニューにも注目

 東京会場では毎年好評のイートインやテイクアウトで楽しめるスイーツも、パワーアップしたラインナップで登場。かき氷やアイスクリームスフレのほか、カカオを使ったパンや寿司、焼きおにぎりなどユニークなメニューを多数取り揃える。

■<東京会場・パート1>新しい“カカオ”の魅力に出会うスイーツ

■アマゾンカカオから名店「すし崇」とコラボによる“カカオ寿司”

 アマゾンカカオが名店「すし崇」とのコラボレーションで完成させた「アマゾンカカオ寿司」。酢飯にカカオの果肉でマリネした信州野菜、そぼろ状の信州イワナ、カカオ漬けの信州サーモンと甘塩っぱいカカオソースをあわせた斬新な一皿だ。

■ウイスキー×チョコレート、バー&チョコレート カカオテールの限定カクテル

 “大人の味”を楽しめるカクテルにも注目。バー&チョコレート カカオテールが提案する「カカオテール」は、ウイスキーとチョコレートの抜群の相性を感じられる1杯となっている。

■<東京会場・パート2>最高峰ショコラティエによる至極の逸品を気軽に

■完売必至!ジャン=シャルル・ロシューのフルーツタブレット

 毎年人気のジャン=シャルル・ロシューのフルーツタブレット。今年は大粒の苺を“まるごと”楽しめる「フルーツタブレット いちご」が登場する。ジューシーで甘酸っぱい苺の果実に、アーモンドのヌガティーヌを加えた。

■<京都会場>東京だけじゃない!イートインには人気ショコラティエのメニューも

 京都会場でも、イートインメニューとテイクアウトメニューをラインナップ。パティシエ エス コヤマのショコラドリンク「es-ショコラシェイク カカオ&ミルクキャラメルスムージー」は、イートインメニューとして用意される。濃厚なミルクの甘味とペルー産カカオのフルーティーさ、キャラメルソースの苦みが生み出す立体的な味わいがクセになる。

【詳細】
サロン・デュ・ショコラ 2021

■東京会場

期間:2021年1月21日(木)~2月3日(水)
会場:伊勢丹新宿店本館6階催物場内
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
出展ブランド:約120ブランド予定

■京都会場

期間:1月20日(水)~2月14日(日)
会場:ジェイアール京都伊勢丹10階催物場
住所:京都府京都市下京区東塩小路町

■札幌会場

期間:1月27日(水)~2月14日(日)
会場:丸井今井札幌本店
住所:北海道札幌市中央区南1条西2丁目

■名古屋会場

期間:2月3日(水)~2月14日(日)
会場:名古屋栄三越
住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1

■福岡会場

期間:1月27日(水)~2月2日(火)
会場:岩田屋本店
住所:福岡県福岡市中央区天神2-5-35

■仙台会場

期間:1月29日(金)~2月14日(日)
会場:仙台三越
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-8-15

■広島会場

期間:1月29日(金)~2月14日(日)
会場:広島三越
住所:広島県広島市中区胡町5-1

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションチョコレート伊勢丹新宿店アイスクリームジェイアール京都伊勢丹

関連記事