ファーウェイ、次期SoC「Kirin 9010」を開発中との噂 製造できるかは別

2021年1月6日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

中国Huawei(ファーウェイ)が次期SoC「Kirin 9010」を開発中だとする噂が出ている。同社は米国の制裁により台湾TSMCに半導体の製造委託ができないだけでなく、中国国内の半導体最大手であるSMICも昨年の12月18日にエンティティー・リスト入りされており、最新プロセスでの半導体製造は困難な状況下にある(EngadgetPhoneArena)。

しかし、リーク情報で有名なTeme氏によると「次世代のKirin(9020)は3nmになる」とツイート。また別のツイートにより、Kirin 9010と9020という別々のチップが存在し、Kirin9010は5nm+(開発中だが製造できない)、Kirin 9020は3nm(開発中、リリース時期は不明)としている。量産化できるかはともかく、技術水準を維持するために開発は進めておくというニュアンスであるようだ。バイデン次期大統領政権下で制裁が緩む可能性を期待しているのかもしれない。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 中国

 関連ストーリー:
ファーウェイ、自社製品用CPUであるKirinの製造が9月15日から不能に。米国の制裁措置で 2020年08月13日
米国務省、中国ファーウェイ社員にビザ発給を制限すると発表 2020年07月21日
ファーウェイは追い詰められても特許裁判を利用して反撃する 2020年07月20日
仏、伊、英で5Gネットワークからファーウェイ製品排除の動きが強まる 2020年07月15日
Huawei、最悪の事態に備えて独自OSを開発していた 2018年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国ファーウェイ(Huawei)半導体

関連記事

広告