ライフ RSS

 

子宮頸がんのHPVワクチン、男性接種が承認される

2020年12月29日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

厚生労働省は12月25日、子宮頸がんのワクチンとして使用されているHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を防ぐワクチンの男性への接種承認を認めると発表した。今回認められたのはMSD株式会社の「ガーダシル(4価ワクチン)」(岩永直子 BuzzFeed NewsYahoo!ニュースミクスOnlineNHK東洋経済読売新聞)。

HPVは性交渉によって感染させてしまう可能性があること、男性もかかる中咽頭がん、肛門がん、陰茎がんなどの原因であることから、これまでは女性のみが接種対象として承認されてきたHPVワクチンが男性への摂取が認められたそうだ。先進国では

今後は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の補償を受けられるようになる。タレコミにもあるが、現時点では男性接種は任意で、全額自費負担であるとしている。対象は9歳以上で、半年の間に合わせて3回接種の必要があるようだ。

あるAnonymous Coward 曰く、 子宮頸がんの予防に効果があるHPVワクチンだが、ヒトパピローマウイルスは子宮頸がん以外のがんの原因にもなっている。
HPVは中咽頭がん、肛門がん、陰茎がんなどの原因ともなっており、男性が接種しても効果が見込める。
今までも接種はできたが、厚生労働省が12月25日、男性接種と肛門がんへの適応拡大を承認したことで、副作用発生時に補償を受けられるようになるという。
小学校6年生から高校1年生相当の女子とは違い、男性は任意での自費接種となり、3回接種が必要で5万円ほどになるので、気軽には受けられないかもしれないが、余裕がある方は受けてみたらどうだろうか。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
子宮頸がんワクチンの接種停止、未接種による死者は4,000人に達する見込み 2020年10月23日
部位によって大きく異なるがん5年生存率、平均66.1%、膵臓がんは9.6% 2019年08月10日
「子宮頸がんワクチンに副作用があるとの発表は捏造」と指摘した記事、名誉棄損と判断される 2019年03月27日
「反ワクチン運動」が世界の健康に対する脅威ワースト10入り 2019年01月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース