松屋銀座のバレンタイン - 日本各地のチョコレート集結

2020年12月24日 15:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 松屋銀座は、バレンタインに向けて「GINZAバレンタインワールド」を2021年2月3日(水)から2月14日(日)まで8階イベントスクエアにて開催する。

■“旅するバレンタイン”がテーマ

 松屋銀座の2021年のバレンタインのテーマは、「旅するバレンタイン」。まるで旅をしているかのような感覚でバレンタインを楽しめるよう、様々なエリアからチョコレートが集結する。

■日本各地の食材を使用したチョコレート

 注目は、日本各地のこだわり食材を使ったチョコレート。オキナワ カカオの「新生姜と月桃のチョコレート」は、さとうきび糖で炊き上げた沖縄県北部やんばる(山原)の新生姜に、自生する月桃で香りづけしたチョコレートをかけた優しい和風テイストの1品だ。

 また、高知の「とちおとめ」苺や静岡の「抹茶」など、選りすぐりの素材をボンボンショコラに閉じ込めたセイストの「ワンダフルエンカウンター」、鹿児島の“幻の柑橘”「辺塚だいだい」など九州の素材を使用したアトリエ キュイエールの「九州ショコラ」、高知県産のベルガモットやローズを使ったアンフィニの「テリーヌ・ド・ショコラ・エレガント」などが店頭に並ぶ。

■レアな松屋銀座限定チョコレート

 松屋銀座限定のレアなチョコレートも登場。スイス、レマン湖の畔のブドウ畑の中を走った小さな村にある小さなチョコレート屋・トリスタンからは、ミルクを使ったトリュフ・レーやトリュフ・シャンパーニュといった既存フレーバーに、新作の抹茶を加えた「チョコレートBOX」が限定販売される。

 さらに、最高級のカリフォルニアオーガニックアーモンドをふんだんに使ったルフィアの「カリフォルニア アーモンド トフィー」や、サクサク食感のフレークを加えたプラリネ風味のチョコプレートに2匹の仔豚を愛らしく飾ったデメルの「幸せラブタ」など個性豊かなラインナップを用意。人気ブランドを詰め合わせた「松屋銀座オリジナル バレンタインBOX」も展開される。

【詳細】
松屋銀座「GINZAバレンタインワールド」
会期:2021年2月3日(水)~14日(日)
※インターネットショッピングも2021年1月4日(月)10:00~2月1日(月)10:00の期間開催。店頭販売と商品ラインナップは異なる。
会場:松屋銀座 8階イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
出店ブランド:約71ブランド
松屋銀座限定:15アイテム

■商品例

・〈オキナワ カカオ〉 新生姜と月桃のチョコレート 1,512円
・〈セイスト〉ワンダフルエンカウンター 4個入 2,001円
・〈アトリエ キュイエール〉九州ショコラ 10個入 3,996円
・〈アンフィニ〉テリーヌ・ド・ショコラ・エレガント 3,501円
・〈トリスタン〉チョコレートBOX 9個入(4種) 3,024円 ※予定価格
・〈ルフィア〉カリフォルニア アーモンド トフィー 5個入 3,024円
・〈デメル〉幸せラブタ 1,620円
・松屋銀座オリジナル バレンタインBOX 全18種類 各3,000円~10,000円 ※予定価格

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードチョコレートバレンタイン松屋銀座

関連記事

広告