『約束のネバーランド』"ムジカのペンダント"や漫画の扉絵トランプが東京・六本木で限定発売

2020年11月24日 18:44

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「連載完結記念 約束のネバーランド展」の公式ショップが東京・六本木ヒルズにオープンする。展開期間は2020年12月11日(金)から2021年1月11日(月・祝)まで。

■『約束のネバーランド』完結記念の展覧会

 主要人物・エマ、レイ、ノーマンを中心に、孤児院で育てられた子どもたちが過酷な運命に抗いながらも希望に向かっていく姿を描いた人気漫画『約束のネバーランド』。原作・⽩井カイウ、作画・出水ぽすかにより「週刊少年ジャンプ」で連載された同漫画は、2020年6月、ついに完結を迎えた。

連載完結記念 約束のネバーランド展」は、物語の完結を記念して、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリーで開催される展覧会だ。本展では、連載開始前の秘蔵資料などを紹介しつつ、1話から最終回までの軌跡を辿る。

■70点以上のグッズを販売

 そんな「連載完結記念 約束のネバーランド展」の公式ショップが展覧会会場内にオープンする。同店では、本展を記念して制作した70点以上のオリジナルグッズを販売する。

■ムジカがくれたペンダント

 物語の中で、主人公・エマが鬼の少女・ムジカから譲り受けたペンダントが数量限定で販売される。シリアルナンバー入りのスペシャルなアイテムで、ファンにはたまらない内容となっている。

■扉絵プリントのトランプ

 作中の扉絵をモチーフにしたトランプも店頭へ。注目は、"ジョーカー"と"呼び札"。出水ぽすかが画集で描きおろしたカラーを使ってプリントした。遊ぶのはもちろん、眺めたり、飾ったりしても楽しいトランプだ。

■キャラが駆け回るクロッキー帳

 マルマンとコラボレーションしたクロッキー帳には、孤児院「グレイス=フィールドハウス」の子どもたちが駆け回る様子をペイント。持ち歩きたくなるような、キュートなデザインに仕上げた。

■キャラ勢ぞろいのコースターも

 その他、人気キャラクターが勢揃いするコースターや、エマ、レイ、ノーマンをボディにレイアウトしたボールペンなどもラインナップする。数量限定の商品もあるので、気になる人は早めに訪れた方がよさそうだ。

【詳細】
「連載完結記念 約束のネバーランド展」公式ショップ
展開期間:2020年12月11日(金)~2021年1月11日(月・祝)
※会期中無休
営業時間:11:00~22:00(最終入場 21:30)
場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
アイテム例:
・「ムジカがくれたペンダント-Amulet for Emma-」8,250円(税込)<数量限定・一人2個まで>
・「トランプ」1,650円(税込)<一人5個まで>
・「クロッキー帳」1,320円(税込)<一人5個まで>
・「コースター」(全24種のうち3枚を封入)660円(税込)<一人10個まで>

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション六本木ヒルズ週刊少年ジャンプ約束のネバーランド

関連記事

広告