米FDA、悪夢対策デバイスの販売を認可

2020年11月11日 08:48

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 米食品医薬品局(FDA)は6日、悪夢による睡眠障害を緩和するデバイス「NightWare」の販売を認可した(プレスリリースSlashGearの記事)。

NightWareはApple Watchベースのデバイスで、心拍数と体の動きから悪夢を検出するとバイブレーションでユーザーを目覚めさせる。70人の患者をNightWareがバイブレーションする治療群とバイブレーションしない偽治療群に分け、30日にわたって行われた研究では、治療群・偽治療群の両方で睡眠の質が改善したが、治療群でより大きな改善がみられたという。

NightWareは悪夢障害やPTSDによる悪夢に悩まされている22歳以上が対象で、医師の処方によって提供される。NightWare単独でPTSD治療が行われることはなく、PTSD治療薬や療法を組み合わせて治療を進めることになる。FDAでは認可に合わせて同種のデバイスに向けた認可基準を確立しており、今後他社製品が出てくる可能性もある。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | テクノロジー | 医療 | アップル

 関連ストーリー:
サマータイムによって深刻な交通事故のリスクが6%上昇するという調査結果 2020年03月06日
睡眠追跡アプリが不眠症の原因になるという話 2019年06月14日
アフリカゾウは1日に2時間しか眠らない 2017年03月05日
「睡眠薬が糖尿病治療に使える」という不適切な内容を放送したNHK、謝罪 2017年02月28日
頭の回転や記憶力をあげるにはどうすればよい? 2014年01月16日
夜勤・交代勤務労働者は活力が低下し、体重は増え、性生活は不足ぎみ? 2011年07月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple Watch

関連記事