NY金:伸び悩み、一部経済指標の改善を意識した売りが入る

2020年10月24日 07:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:20JST NY金:伸び悩み、一部経済指標の改善を意識した売りが入る
COMEX金12月限終値:1905.20 ↑0.60

23日のNY金先物12月限は伸び悩み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比+0.60ドルの1オンス=1905.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1895.20ドル−1917.30ドル。ニューヨーク市場の序盤で1917.30ドルまで買われたが、10月マークイットサービス業PMIの改善を意識した売りが入ったことで、一時1895.20ドルまで反落した。ただ、米国株式の動向を意識した買いが入っており、1900ドル台を回復している。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング