LINEで住民票申請行うシステム開発企業が総務省を提訴 電子署名の要否が争点

2020年9月12日 19:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

LINEアプリを使って住民票などを取り寄せられるサービスを始めた「Bot Express」が、総務省(国)を相手に東京地裁に提訴したと発表した(総務省提訴のお知らせNHK)。

同社のサービスは4月から渋谷区でスタートしたもので、住民票の写しの取得をLINEだけで完結できるというもの。LINE経由で顔写真と運転免許証などの画像を送ればよく、LINE Payで手数料を決済すれば郵送で住民票が自宅に届くとのこと(渋谷区)。

しかしサービススタート直後の4月3日、総務省から「本人確認が行われないため、なりすましなどのおそれがある。またマイナンバーを利用した電子署名を利用していないことから、本人確認が行えず住民基本台帳法にも違反する」として、総務省は全国の自治体に対してこのシステムを採用しないように通知を行ったとしている。

これに対してBot Express側は、配送先は住民票記載の住所にのみ指定が可能であるため、「なりますまし申請」のリスクはないと主張、国の主張は不当だとしている。また総務省は、住民票申請のオンライン手続きにはマイナンバーカードを使った電子署名が必須としているが、ICカードリーダー購入が必要であるなど、電子署名をともなう操作は極めて非日常的だと主張している。弁護士ドットコムによれば、今回の裁判の争点は「電子署名の要否」が中心になるとしている(弁護士ドットコム)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 政治 | 政府 | IT

 関連ストーリー:
クレジットカード会社、マイナポイント事業への参加は23社のみ。政府方針に不満 2020年09月08日
マイナポイント、予約・申し込み手続きのIE11縛り解除へ。EdgeとChromeに対応 2020年08月06日
厚生労働省、患者の医療情報を共有するシステム構築へ。マイナンバーカードと連携で 2020年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省マイナンバーLINELINE Pay

関連記事

広告