映画『太陽の子』柳楽優弥×三浦春馬×有村架純共演、原爆開発を背景にした感動ドラマが映画化

2020年9月12日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『太陽の子』が、2021年に全国公開される。

■ドラマ「太陽の子」が日米合作映画となってスクリーンに

 終戦75周年を迎えた2020年の終戦記念日8月15日(土)にNHK総合で放送され、SNSを中心に大きな反響を呼んだ特集ドラマ「太陽の子」。そんな感動のテレビドラマを、異なる視点で描き出す本作は、原爆開発を背景に、時代に翻弄される若者たちの苦悩と青春を、入念な歴史考証をもとに、よりリアリティのある描写で描き出す。

■主演は柳楽優弥

 主人公で京大物理学研究室の若き科学者・石村修を演じるのは、映画『誰も知らない』で第57回カンヌ国際映画祭 最優秀主演男優賞を日本人初・史上最年少で受賞、2021年公開予定の『HOKUSAI』でも主演を務める柳楽優弥だ。研究に勤しみながらも自らの行為に疑いを持ち、葛藤する姿を熱演する。

■三浦春馬&有村架純も

 修の弟・裕之は、『アイネクライネナハトムジーク』主演の三浦春馬が務める。また、兄弟が秘かに想いを寄せる朝倉世津は、『花束みたいな恋をした』で好演した有村架純が演じる。

 日米合作ならではの、豪華製作陣による本作。映画『セカンドバージン』や NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の黒崎博の監督のもと、音楽は「愛を読む人」のニコ・ミューリー、サウンドディレクターは「アリー/スター誕生」のマット・ヴォウレスが指揮。声の出演として、『ジョン・ウィック』のピーター・ストーメアなど、ハリウッドの第一線で活躍するキャスト・スタッフが集結する。

■ストーリー

 戦況が激化し、最終局面を迎えた1944 年、「どの国よりも早く、原爆を作る」という依頼を受けた京大物理学研究室。そこで研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修と研究員たちは、託された国の未来のために情熱的に核エネルギーの研究を進める一方で、科学者として兵器開発をすすめるべきなのか葛藤する。そんな中、戦地から修の弟・裕之が一時帰宅し、そして、兄弟が秘かに想いを寄せる朝倉世津も家を失い、幼なじみである修の家に住むこととなる。

【詳細】
『太陽の子』
公開時期:2021年
監督:黒崎博
脚本:黒崎博
出演:柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、イッセー尾形、山本晋也、國村隼、田中裕子、ピーター・ストーメア ほか
音楽:ニコ・ミューリー
サウンドディレクター:マット・ヴォウレス
企画:NHK / ELEVEN ARTS Studios
配給:イオンエンターテイメント

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード有村架純ジョン・ウィックカンヌ国際映画祭HOKUSAI花束みたいな恋をした太陽の子

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マツダ・CX-3の特別仕様車「アーバンドレッサー」(画像:マツダ発表資料より)
  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース