ライフ RSS

 

YouTubeで英語学習! 知らないと損する効率アップの役立ち機能とは

2020年8月23日 15:36

小

中

大

印刷

 国内外から日々数多くの動画がアップロードされているYouTube。YouTubeには英会話やTOEIC対策、文法解説など、多くの英語学習動画や、英語音声動画があるため、そうした動画を使うことで英語学習ができる。

【こちらも】初級から上級まで! おすすめのYouTube英会話チャンネル5選

 今回はその動画を使い、英語学習の効率を格段にアップさせられるYouTubeの機能をいくつか紹介していきたい。

■動画の再生速度を変えられる

 YouTubeにはデフォルトで動画の再生速度を0.25倍~2倍まで変更できる機能がある。この機能の有効的な使い方はいくつかあるのだが、まず1つ目に日本語での英文法や英語学習に関する解説系の動画を、早送りで見られるというメリットがある。

 日本語による英語学習に関連する解説であれば、その動画のスピードが速くなっても聞き取れないということはなく、短時間で多くの動画が見られるようになるため時短につながる。1.5倍などの早送りで動画が見られれば、その浮いた時間で他の動画を見たり、他の英語学習をしたりすることが可能になる。

 また、英語音声の動画を見る時にも、再生速度の変更は効果的である。英語の音声が速すぎて聞き取れないといった時に、0.75倍などに変更すればそのリスニングがしやすくなるはずだ。この動画再生速度機能と後述の字幕機能を使えば、英語音声の動画がかなり視聴しやすくなるだろう。

■動画に字幕をつけることもできる

 YouTubeには動画に字幕を表示する機能も搭載されている。元の動画に字幕がついていなくとも、後から字幕を表示することが可能だ。動画によって表示できる字幕言語は異なるが、例えば英語音声の動画であれば、最低でも英語字幕(自動生成)を使える。

 この字幕機能を使えば、英語音声で投稿されている動画のそのほとんどを字幕つきで見られるようになるため、英語学習用の教材として使える動画の数を圧倒的に増やせる。

■YouTube Premiumを使えばさらに学習効率アップ

 月額1,180円を支払う必要があるが、YouTube Premiumを使うことでより英語学習の効率を上げることもできる。YouTube Premiumに加入すれば、広告が表示されなくなり、動画をスマートフォンなどの端末にダウンロードしておくことも可能となる。

 仮にWi-Fi環境で動画をダウンロードしておければ、通信費を気にすることなく外出先でもYouTubeの動画を使った英語学習ができる。

 これまでYouTubeを英語学習に使っていなかったという人は、ぜひこの機会に今回紹介した内容を踏まえて試してみて欲しい。きっとこれまで以上に効果的で効率の良い英語学習が可能になるはずだ。(記事:佐藤辰則・記事一覧を見る

関連キーワードYouTube英会話TOEIC

関連記事

広告