新500円硬貨、2021年度に発行 金と銀の2色に変更

2020年8月18日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

財務省が2021年上半期に、新500円玉の発行準備を進めている。デザインはほぼ同じだがカラーリングが大きく異なる。中央部が今までと同じく銀で、周辺部分はニッケル黄銅で構成された薄い金色に変更されている。このため一目で見分けはつくようにはなっている。このほか、周辺部を囲っている線の部分のデザインも変更されるとのこと。更新されることがあまりに周知されておらず、影が薄いことが財務省の悩みであるそうだ(共同通信)。

なお、過去のニュースによれば、金融機関のATMや自動販売機などは、新500円硬貨への対応が必要となるとのこと(日経新聞日経新聞その2)。さらに2024年度上半期には、1万円と5千円に関しても新紙幣も登場する予定で、ATMの交換は一度で済むのかどうか気になるところではある。 

スラドのコメントを読む | お金

 関連ストーリー:
政府、3代目500円硬貨発行後は速やかな2代目からの移行を呼びかけ 2020年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード財務省

関連記事