ファーファー2020年秋冬ウェア - アーミー風パッチワークスカートや実写花柄ブラウスなど

2020年8月3日 21:11

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ファーファー(FURFUR)は、2020年秋冬コレクションの新作アイテムを、2020年8月上旬より順次店頭にて展開。7月31日(金)からは、公式オンラインストア及びECデパートのウサギオンラインにて予約受付を実施する。

■「イフェメラル アーミー」をテーマに

 今シーズンのテーマは、「イフェメラル アーミー(ephemeral ARMY)」。ファーファーの得意とするアーミーに、様々な要素をミックスすることで、フェミニンで繊細なムードへとアレンジしたブランドらしいコレクションに仕上がっている。

■アーミー風パッチワークスカート

 アーミー風のパッチワークが目を惹く「ミックスワークスカート」は、ミリタリーのテーマに基づきながら、様々な素材をミックスすることでフェミニンに仕上げたロングスカート。緩やかなフレアシルエットを描く裾には、軽やかな素材を取り入れることで、よりロマンティックな表情へと引き寄せているのが印象的だ。カラーは、ミリタリー感の強いカーキと、ダスティなムードのベージュの2色を揃える。

■ミリタリーベースのゆったりコート

 ミリタリーをベースにした、紐でウエストを留めるタイプのタイロッケンコートは、ボンディング素材を使用することで、上品にアップデート。女性の体躯をゆったりと包み込む身頃と、丸み帯びたアームのパターンによって、ちょっぴりモードな空気を含んだ女性らしい一着に仕上げてる。

■異素材ドッキングのふんわりブラウス

 ギンガムチェックの可憐なブラウスには、トレンチコートのようなツイル素材を首元にドッキングさせることによって、今季らしいツイストをきかせて。かっちりとした襟元に対して、ふんわりと膨らむバルーンスリーブが、逆説的に女性らしさを引き出してくれる。

■“実写”花柄プリントのセットアップ

 溢れんばかりの花々が咲き誇るロマンティックなブラウスは、実際に写真を昇華転写プリントした存在感溢れる一着。コンパクトなボルネック×ヘムにあしらわれたメロー加工によって、大人フェミニンな印象に仕上げている。単体ではもちろん、セットアップで楽しめるスカートと共に着こなすのもおすすめだ。

■“ぽかぽか”エコファーマフラーも

 ふわふわのエコファーで仕上げたマフラーも今季の注目アイテム。ボリューミーなシルエットで首元をキュートに飾ってくれるので、秋冬のあらゆるコーデのポイントとして活躍してくれること間違いなしだ。カラーは、顔周りが明るくなるオフホワイトと、はっと目を惹くライトブルーの2色を揃えている。

■詳細

 ファーファー2020年秋冬コレクション
予約受付:2020年7月31日(金)~公式オンラインストア、ウサギオンライン
発売時期:8月上旬より順次発売 ※アイテムによって発売日が異なる

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードファーファー2020年秋冬コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース