IPA、TLS暗号設定ガイドラインの第3.0版を公開

2020年7月14日 08:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

情報処理推進機構(IPA)が、7月7日に「TLS暗号設定ガイドライン第3.0版」を発表した。2018年5月の第2.0版から約2年ぶりの改訂となる。第2.0版移行のタイミングで設定されたSSL/TLS通信の規格化や、技術環境の変化を反映した内容になっている。

このほかSSL3.0を利用禁止としたほか、TLSバージョン1.0および1.1(TLS 1.0/1.1)の無効化を推奨しているとのこと(TLS暗号設定ガイドライン~安全なウェブサイトのために(暗号設定対策編)~日経過去記事)。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施 2020年06月15日
Microsoft、TLS 1.0/1.1のデフォルト無効化を延期 2020年04月04日
Mozilla FirefoxがTLS 1.0/1.1の有効化を検討、新型コロナウイルスの影響で 2020年03月23日
Google、ChromeでのTLS 1.0/1.1サポート終了に向けた今後の計画を発表 2019年10月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSSLTLS

関連記事

広告