TikTokが香港から撤退すると発表 中国の検閲回避のためか

2020年7月9日 17:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ショートムービーのTikTokが難しい立ち位置に置かれつつあるようだ。中国で香港国家安全維持法が施行されたことで、TikTok自身も中国からの検閲やユーザーの情報提供を求められることを回避するため、香港からの撤退を発表した。一方でアメリカのポンペオ国務長官からは、TikTokを国家安全保障上問題があるとして使用禁止を検討していると発表されている(CNEGIGAZINENHKTechCrunch)。

同社は数日以内に香港のアプリストアから「TikTok」を削除し、香港内での利用ができないようにするという。声明では直接は香港国家安全維持法に触れていないものの「最近の一連の出来事を踏まえ、香港でのTikTokアプリの運営を止めることに決めた」と発表している。

TikTokを運営するバイトダンスは中国系資本の企業ではあるが、TikTok自体は中国本土では利用できないサービスだった(Douyinという代替サービスはある)。一方で香港ではサービス展開が行わており、香港では2019年9月現在で15万人の利用者がいたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | YRO | インターネット | 中国

 関連ストーリー:
インド、TikTokなどの中国製アプリの使用を禁止へ。国家安全保障上の理由から 2020年07月01日
TikTokが他のアプリで入力中のテキストを読み取る様子が動画化される 2020年06月30日
LGポーランド、公式TikTokに2画面スマホを活用して盗撮する様子を描いた動画をアップ、その後削除して謝罪 2020年06月01日
TikTokが原因で死亡・負傷した人を数えるサイト「TikTok Accident Tracker」 2020年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国安全保障香港TikTok

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース