英国政府のコンソーシアム、OneWeb買収へ

2020年7月5日 17:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

3月に再建型破産を申し立てたOneWebは3日、インド・Bharti Global Limitedが率いる英国政府のコンソーシアムが同社事業を買収すると発表した(OneWebのプレスリリース英国政府のプレスリリースBhartiのプレスリリース)。

OneWebは衛星コンステレーションによるブロードバンドサービス提供を目指し、これまでに74基の衛星を打ち上げている。しかし、COVID-19の影響で資金調達が困難となり、3月27日に米連邦破産法11条に基づく再建型破産を申立てて事業売却先を探す一方で、衛星コンステレーション拡大計画を米連邦通信委員会(FCC)に申請していた。今回の売却先決定は裁判所の監督のもとに行われた入札の結果だという。

買収はOneWebの債権者および破産裁判所、当局の承認を前提とし、2020年第4四半期までに完了の見込み。英国政府とBhartiがそれぞれ5億ドルを出資することで、英国政府はグローバルな衛星システムを入手し、OneWebはブロードバンドサービス提供計画を継続可能になる。Bhartiのグループ企業には4億2,500万人の顧客を抱える世界第3位のモバイル通信会社Bharti Airtelがあり、OneWebの世界的なサービス展開に技術・事業両面での貢献が期待されるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ビジネス | 英国 | 通信 | スラッシュバック | 宇宙 | IT

 関連ストーリー:
OneWeb、衛星コンステレーションを48,000基まで拡大できるようFCCに申請 2020年05月30日
OneWeb、米連邦破産法11条に基づく再建型破産を申立て 2020年03月29日
ソフトバンク出資の衛星インターネットOneWeb、破産申請を検討と報じられる 2020年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイギリスインド買収裁判連邦通信委員会

関連記事

広告

財経アクセスランキング