IHIエアロスペースが衛星打ち上げ事業に参入へ

2020年6月17日 18:00

印刷

記事提供元:スラド

pongchang 曰く、 IHIのグループ会社であるIHIエアロスペースが12日、衛星打ち上げ事業に参入すると発表した(上毛新聞IHIエアロスペースJAXA)。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で新たに開発する「イプシロンSロケット」を活用する。初号機は2023年に打ち上げる予定。この初号機では、ベトナムの地球観測衛星「LOTUSat-1(ロータスサット・ワン)」の打ち上げが決まっている。イプシロンシリーズで海外の衛星打ち上げを受託したのは今回が初めてだという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | JAXA | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
防衛装備庁による次期戦闘機開発確定 2020年03月31日
国産有人サブオービタルスペースプレーンを開発する宇宙ベンチャー「SPACE WALKER」社が発足 2018年08月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIHIロケット宇宙航空研究開発機構(JAXA)

関連記事