NY原油:続伸、米中対立継続も通商合意は存続との見方が広がる

2020年5月30日 06:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:39JST NY原油:続伸、米中対立継続も通商合意は存続との見方が広がる
NYMEX原油7月限終値:35.49 ↑1.78

29日のNY原油先物7月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前営業日比+1.78ドルの1バレル=35.49ドルで取引を終えた。取引レンジは32.36ドル−35.77ドル。米中対立は続いているものの、二国間の通商合意が無効になる可能性は低いとの見方が出ており、原油先物は強い動きを見せた。主要産油国による追加減産への思惑が一部で浮上していることも、原油先物相場を下支えした。《MK》

広告