ユキ トリヰ インターナショナル、2020年秋冬コレクション発表

2020年4月8日 17:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユキ トリヰ インターナショナル(YUKI TORII INTERNATIONAL)の2020年秋冬コレクションが発表された。

■クラシックも、エレガンスも、スポーティも

 着る人の日常に寄り添う、心地よいスタイルを提示するユキ トリヰ。今季はクラシック、トラッド、エレガンスにスポーティのテイストを織りまぜて、1つのルールに縛られない快活な“ミックススタイル”を披露した。

■ジャージ素材をおり交ぜて

 鮮やかなマスタードイエローが印象的なトレンチコートは、折り返した襟や袖口から裏地のベージュを覗かせて。ウエストをベルトできゅっと絞り、ファーのストール、レオパードのスカーフを身につけてシックにまとめるも、パンツにはサイドラインをあしらったジャージを合わせて、スポーツテイストをミックス。コートのスリーブやサイドにあしらったベージュのラインと響き合わせた。

■シックさにカジュアル感を

 また、厚みのあるウール地で仕立てた、ノーカラーのジャケットやロングコート、ペンシルスカートは、ジャストサイズでシックなシルエットにまとめつつも、大胆なステッチワークを施すことで程よいカジュアル感を生みだしている。

 同じくシックなムードを漂わせるツイードは、身体にすっと寄り添うようなワンピースやブルゾンに用いられている。ロングジャケットとタイトスカートのセットアップには、同系色で温かみのあるペイズリー柄のブラウスやスカーフをイン。クラシカルなスタイルながらも、ブラウンをベースにオレンジやイエロー、レッドなど、とりどりの色で織りなされるツイードが、明るい印象にまとめている。

■花柄やチェックをパッチワーク

 多彩な要素を混ぜ合わせるという今季のスタンスを、むしろ素材の面で示してみせたのがパッチワークだ。ピンクやイエローの鮮やかなカラーリングで仕上げたフラワープリントは、ひらひらと風になびくように軽やかなワンピースやスカートに採用している。一方で、チェックのパッチワークも登場。温かみのあるカラーリングと相まってニットを思わせるが、プリントによるトロンプルイユで遊び心を効かせた。

■刺繍のフラワーも華やかに

 色とりどりのコレクションに、文字通り“花”を添えるのは、刺繍のフラワーモチーフ。ラウンドネックのカーディガンや爽やかなギンガムチェックシャツにあしらって、甘い雰囲気を目一杯に演出した。とりわけ目を惹くのは、オーガンザで仕上げたワンピース。しなやかにひだをなすスリーブ、下にキャミソールワンピースを透けて見せる生地感、いっぱいに咲かせた色とりどりの花で、あでやかな雰囲気に仕上げている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードユキ トリヰ インターナショナル2020年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース