経済 RSS

 

雇用の継続、強力な資金繰り対策やる 麻生財相

2020年3月12日 08:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 政府の経済財政諮問会議が10日開かれた。会議後、多田明弘内閣府政策統括官は「麻生太郎財務大臣から新型コロナウイルスの関係で昨年12月に取りまとめた事業規模26兆円の総合経済対策を着実に実行していく、10日取りまとめた第2弾の緊急対応策をしっかりやって、雇用の継続、強力な資金繰り対策をやっていくとの話があった」と述べた。

 また「麻生大臣は、今後とも国内外の経済の動向をしっかりと見極め、経済運営に万全を期すことに加え、市場には様々な反応も出ているので、G7、G20の合意に基づいて、しっかり対応していきたい」としたことを述べた。

 民間議員からは「百貨店、インバウンド、日本人の旅行・交通といった分野で大きな落ち込みが生じている。こうしたところは比較的大手なので耐えているけれども、例えば、建設の零細企業では雇用でも厳しい面が出てきている。資材が届かず工事ができないといった状況にもある。製造業でもサプライヤーの経営状況の中には不透明なところもある」と大きな影響の出ていることの発言があった、としている。

 ほかの民間議員から「賃上げ税制の要件緩和・拡充。キャリアアップ助成金の拡充。キャッシュレスポイント還元の延長と対象を大手にまで拡大といった」提案があった、としている。加えて「資金面だけでなく、中小企業に人材が異動していくことが容易になる仕組みを作るといった提案も」出されたという。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
新型肺炎。風邪で病院へ「行く」4割。「著しく悪化したら」5割。感染リスクを配慮
フリーランスへの補償、非正規の半分4100円
経済対策実行へ予算の早期成立に協力を 総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード内閣府インバウンド麻生太郎G7G20中小企業賃上げ新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース