UberとLyft、ほかの移動手段に比べ環境汚染を69%も増加させる

2020年2月29日 20:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ライドシェアサービスを手がけるUberやLyftは、長年にわたる環境汚染と交通渋滞への批判をうまく回避してきた。排気ガスなどの影響を正確に把握することは困難だったためだ。しかし新しい研究では、自動車旅行は別の交通手段による旅行と比べ、推定69%も環境汚染をもたらすと指摘している。

 米国主要都市の2018年のデータによれば、現在都市部ではライドシェアサービスのほうがタクシーより12対1の割合で利用者が多いという。これは、ライドシェアサービスはタクシー会社に課せられた規制の多くを回避することができるためだという。研究ではライドシェアサービスには2つの問題があると指摘している。1つは乗客なしで移動する「デッドヘッド」の問題。第2の理由は、ライドシェアサービスのためだけに運転している自動車が増加している点だ。米国の7大都市圏のライドシェアデータによれば、乗客を乗せていないライドシェアサービスの自動車が約47%にも上っているという。

 UberとLyftは、1人乗りの状態をこれまで以上に減らし、大量輸送、自転車、徒歩などの低排出な移動方法を奨励する必要がある。両社ともに二酸化炭素排出量を削減する意欲を示している。提示されている方法としては自転車とスクーターの共有サービスの導入、それぞれのアプリへの公共交通機関のスケジューリングとチケットの統合、および電気自動車へ乗り換えるためのインセンティブプログラムの提供だ。しかし、現実のライドシェアサービスの多くはガソリン車で行われている。

 Uberはこの研究に対し「都市と協力して低炭素輸送の未来を創造する」と回答した。一方、Lyftはこのレポートを「それ以前の多くの報告書と同様、ライドシェアについて誤解を招く主張をしている」として批判している(Teh VergeレポートPDFSlashdot)。

 スラドのコメントを読む

 関連ストーリー:
UberやLyftといったライドシェアサービスは都市の交通渋滞を増加させているという分析 2020年02月20日
自動運転車の普及で駐車する代わりに低速で走行し続ける車が増加するとの予測 2019年02月08日
交通量の少ない道路が渋滞しているとGoogleマップに認識させるパフォーマンス 2020年02月06日
ノルウェーの首都オスロ、2019年から市内中心部の駐車場を廃止へ 2018年12月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車アメリカUberLyft

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース