米軍、支給端末でのTikTokの使用を禁止

2020年1月7日 08:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国のByteDanceが提供している動画投稿サービス「TikTok」に対しては、運営者が中国企業であることからプライバシや情報漏洩のリスクを懸念する声が以前より出ていたが、このたび米陸軍の支給端末でこのTikTokアプリの利用が禁止される事態になったようだ(Military.comEngadget日本版CNET Japan)。

 米陸軍によると、セキュリティ的な懸念があるためTikTokの利用を禁止するという。また、その後米沿岸警備隊や空軍も支給端末でのTikTokの利用を禁止することを決めたとのこと。これによってほぼすべての米軍支給端末でTikTokが禁止されることになる。また、個人が所有する端末については禁止されないものの、利用しないことが推奨されているという(Engadget日本版による続報)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 軍事 | セキュリティ | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
人気アプリ「ToTok」はUAE政府によるスパイウェアだったとの疑惑 2019年12月24日
米学生ら、TikTokが個人情報を中国に転送したとして集団訴訟を起こす 2019年12月05日
TikTokに対し中国政府による介入を懸念する声 2019年11月01日
中国のIT企業、インドのスマホアプリ市場に参入しシェアを獲得 2019年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国セキュリティ米軍TikTok

関連記事

広告

広告