ライフ RSS

 

収入をアップさせたい人には、副業がオススメ

2019年12月18日 08:40

小

中

大

印刷

 働き方改革などが進む今、ビジネスパーソンの中には、実質的に年収ダウンとなった人もいるようだ。それは、これまで残業代に頼っていた人たちである。そうした人たちにオススメしたいのが「副業」という選択だ。単純に労働時間が増えてしまうので否定する人もいるのだが、副業にはそれだけではないメリットがある。

【こちらも】副業を成功させるために大切なマインド

■副業は、自分のスキル・経験を増やしていくのに最適

 副業は自分のやりたい業界・業種の仕事に気軽にチャレンジできる。もちろん継続的な取引先が生まれれば定期収入が得られる一方で、責任が大きく発生する。しかし、スタートしてすぐであれば撤退することも容易だ。自分に合うもの、合わないものを判断できるため、新しい可能性を見つけるのにぴったりなのだ。

■副業は、すぐに稼ぎ始めるられる

 もちろん本業で学びを得ながらスキルや経験を積むこともできるだろう。その場合2つのデメリットが存在する。

 1つ目は、できる範囲に制限があるという点だ。あくまでも本業に関わる内容でなければそれを実践で活かすことはできない。新しいチャレンジをしたい人にとって、「本業に関わる範囲内で」というのは非常に邪魔なものとなるだろう。

 2つ目は、本業でスキルや経験を高めてもすぐに年収が上がるわけではないという点だ。確かに実力がついてそれが成果となって現れれば、その後評価を受けてわずかに年収が上がるだろう。しかしながら、それまでに数多くの行程を踏まなければならず時間がかかってしまう。

 そこでオススメできるのが、副業だ。副業であれば自分が実行して成果に繋がればそれがそのまま収入に繋がる。きっとその収入の増減が、モチベーションにもなっていくだろう。

 そして一定額稼ぎを得られるようになったタイミングで、副業を本業にすることすら可能だ。自分のキャリアを選択するうえで、ちょっとしたチャレンジと収入アップの両方を手に入れられる手段といえるだろう。副業をキャリアプランを実現するための手段として活用してほしい。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード働き方改革副業残業

関連記事

広告

財経アクセスランキング