水族館「マクセル アクアパーク品川」リニューアル、“日本の夏”テーマのデジタル花火×水槽の演出

2019年7月19日 12:49

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 東京の水族館「マクセル アクアパーク品川」の一部展示ゾーンがリニューアル。2019年7月13日(土)に、新エリア「パターンズ」がオープンする。

■ネイキッドと共に仕掛ける新しい“海の魅力”

 2015年のグランドオープン以来、“音・光・映像と生きものの融合”を施設コンセプトに掲げてきた「マクセル アクアパーク品川」は、エンターテインメント性の高い季節ごとの展示やパフォーマンスを通じて、多くの来場者を魅了してきた。今回リニューアルで誕生する新エリア「パターンズ」は、そんな従来のコンセプトを踏襲しながらも、さらにパワーアップ。これまでシーズナルイベントの演出パートナーを組んできたクリエイティブカンパニー「ネイキッド(NAKED Inc.)」と共に、新たな“海の魅力”をみせていく。

■空間を彩るプロジェクションマッピング映像

 「パターンズ」には、エリア全体をつつみこむ空間演出をはじめ、個々の展示水槽に施す繊細なインタラクション、動物パフォーマンスに連動する映像演出といった様々な仕掛けを用意。複数の投影方法を駆使したプロジェクションマッピングが海の生きものたちと融合し、その躍動や美しさを際立たせていく。

■リニューアル時は“日本の夏”がテーマ

 また同エリアは、季節ごとに水槽のレイアウトごと展示内容を変えるなど、各シーズンで異なる演出を楽しめるのもポイント。

リニューアルオープン時は、“日本の夏”をイメージして、空間全体で縁日の雰囲気を創出。各水槽の前に配置された太鼓をたたくと、それぞれの展示生物の色や模様を模した和柄文様のデジタル花火が水槽周りに広がるなど、日本らしい涼やかな和のムードを落とし込んだ。

■ペンギン×映像のキュートなパフォーマンスも

 また数分おきに“,海の神秘”を思わせる光の演出に包まれるショータイムの開催や、本物のペンギンと映像が連動する夜のパフォーマンスなど、一日を通して楽しめるコンテンツも用意されている。

【詳細】
マクセル アクアパーク品川
住所:東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル内
リニューアルオープン時期:7月13日(土)~8月9日(金)/8月16日(金)~8月31日(土)9:00~22:00
お盆期間:8月10日(土)~8月15日(木) 8:30~22:00
※基本時間(GW・お盆・夏期休暇等の繁忙期を除く、通常時)は、10:00~22:00
※最終入場は、閉館時間の1時間前
料金:おとな 2,300円(7/13以降)、小中学生 1,200円、幼児(4歳以上)700円
※リニューアルにともない、大人の料金のみ改定

【問い合わせ先】
マクセル アクアパーク品川
TEL:03-5421-1111(音声ガイダンス)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアクアパーク品川プリンスホテルネイキッド

関連記事