東京タワーで夜桜体験、手をかざすと“桜が咲く”プロジェクションマッピング

2019年3月26日 21:46

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 東京タワーで、春の夜景とプロジェクションマッピングをコラボレーションさせた体験型イベント「東京タワー シティライトファンタジア(TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA)~YOZAKURA NIGHT~」が、2019年5月6日(月・振休)まで開催される。

 東京タワーとネイキッドが再びコラボレーション。メインデッキ2階の窓面と床面を使い、プロジェクションマッピングと音楽の演出で、日本の春の世界へと誘う。

 目玉となるのは、手をかざすことで“桜を咲かすことのできる”「さくらウィンドウ」。東面の窓面に手をかざすと、ソメイヨシノ、ベニシダレ、カワヅサクラなどが次々に顔を出す。桜の種類は全10種類。東京タワーから望む美しい夜景と、日本の春を象徴する桜を融合させた、新たな夜桜体験を提案する。

【詳細】
「東京タワー シティライトファンタジア~YOZAKURA NIGHT~」
開催期間:2019年3月22日(金)〜5月6日(月・振休)
時間:3月22日(金)〜4月7日(日)18:30〜22:50、4月8日(月)〜5月6日(月・振休)19:00〜22:50
場所:東京タワー メインデッキ旧大展望台 2階フロア
住所:東京都港区芝公園4丁目2-8
料金:大展望台までの展望料金のみ
大人(高校生以上) 900円 / 子供 (小・中学生) 500円 / 幼児(4歳以上) 400円
※全て税込み

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション東京タワーネイキッド

関連記事