和菓子老舗「花園万頭」新宿本店がグランドオープン

2018年12月23日 15:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 和菓子販売の老舗「花園万頭」が、新宿本店を新たな場に移設。カフェとショップを併設した「花園万頭 CAFE&SHOP」として2018年12月20日(木)にグランドオープンする。

■花園万頭×銀座千疋屋の新商品スタート

 1834年の創業以来、代表銘菓の「花園万頭」「ぬれ甘なつと」「栗きんつば」などを手掛けてきた花園万頭。厳選食材を使用した和菓子は、上品な味わいが魅力だ。2018年6月には、パティスリー銀座千疋屋の傘下に入り、新たな商品開発をスタート。今回のグランドオープンに合わせて、両者が共同開発した新商品が並ぶ。

■果汁溢れるフルーツ×拘り大福

 注目は、銀座千疋屋が厳選したフルーツを、花園万頭ご自慢の大福で包み込んだ「花園万頭×銀座千疋屋 フルーツ大福」。みかんや苺、キウイといった瑞々しい果実と、上品な甘さの白餡、モチモチの求肥が口の中で溶け合う贅沢な一品となっている。

■花園万頭の銘菓をトッピングしたカフェメニュー

 また「和モダン」をテーマに構成した店内のカフェスペースでは、花園万頭の代表銘菓を使用したスイーツの数々を楽しむことが可能。中でも新メニュー「花園パフェ」は、是非味わってほしい一品だ。「京都宇治抹茶」使用の自家製抹茶寒天を合わせた、きな粉ソフトクリームに、花園万頭の「ぬれ甘なつと」や特製こし餡をトッピングしている。

■初のテイクアウト商品「花園ソフトクリーム」も

 今回初となるテイクアウト商品「花園ソフトクリーム」も押さえておきたいところ。フレーバーには、北海道産の生乳を使用した「北海道バニラ」、京都宇治抹茶を使用した「宇治抹茶」、芳ばしく香る「きな粉」などがラインナップ。トッピングに花園万頭の「ぬれ甘なつと」や特製こし餡をのせた、スペシャルメニューも用意する。

【詳細】「花園万頭 CAFE&SHOP」オープン日:2018年12月20日(木)住所:東京都新宿区新宿5-16-11営業時間:10:00~19:00定休日:年中無休CAFE席数:14席<ショップラインナップ>・花園万頭×銀座千疋屋 フルーツ大福 苺 648円(税込)/みかん 540円(税込)/キウイ 432円(税込)<全て各日数量限定>・花園万頭 378円(税込)・ぬれ甘なつと(小袋) 216円(税込)・栗きんつば 270円(税込)<カフェラインナップ>・花園パフェ 1,296円(税込)・おしるこ(つぶ餡/こし餡) 各702円(税込)・あんみつ 756円(税抜)<テイクアウト>・花園ソフトクリーム 北海道バニラ/宇治抹茶/宇治抹茶バニラミックス 各500円(税込)・花園スペシャル 700円(税込)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード新宿

関連記事

広告