ラッド ミュージシャンの2018年秋冬コレクション - 黒い形而上学

2018年7月5日 09:21

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)が発表した2018-19年秋冬コレクション。テーマは「黒い形而上学」、そして「アブノーマル」がサブテーマとして掲げられている。

■シルエットを非正常にアレンジ

 難解なキーワードを紐解く「アブノーマル」という視点は、シルエット、モチーフなど洋服作りの様々な場面で大胆に落とし込まれた。テーラードジャケットは身幅、アームをたっぷりと取ってビックシルエットに。肩周りはドロップドさせ、さらに肩パットを入れて変形させることで、アグレッシブな形でアップデートした。

 ワイドパンツは、本来ストンと落ちて広がるもの。しかし今回は、膝、裾と2度にわたって絞りをいれ、凹凸感のある立体的な姿へ生まれ変わらせた。

■花はあえて正面でなく斜めor後ろから眺める

 限界まで濃い黒にこだわったというシャツやジャケット、ブルゾン、フーディトップス。テキスタイルの上で花開くフラワーモチーフも、ユニークな観点で切り取られた。花は正面ではなく、あえて斜めや後ろから捉えることで様々な表情を引き出し、また枯れゆく花を題材とすることで、華やかさに反した哀愁漂う雰囲気を作り出した。

■「アブノーマル」ロゴ入りシャツ

 「アブノーマル」というサブテーマは、そのままデザインとしても起用されている。シャツにひっそりと配された「ABNORMAL」のエンブロイダリーロゴはポケットに隠れた下側の部分もカットしている。白シャツからフォーマルさを優しく奪いとり、代わりに形而上的なエッセンスを与えている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)2018年秋冬コレクション

関連記事