ブラジル当局、Facebookに罰金命じる 捜査に必要な情報提供せず

2018年4月11日 14:54

印刷

記事提供元:スラド

 ブラジル連邦裁判所がFacebookに対し、捜査に必要な情報を提供しなかったとして罰金の支払いを命じたそうだ(共同通信ロイター毎日新聞)。罰金額は1億1170万レアル(約36億円)。

 問題となったのは、2016年4月の汚職事件の捜査過程において、当局がFacebook傘下のメッセンジャーアプリ「WhatsApp」の通信ログの開示を求めたもの。これに対しFacebookは開示を行わなかった。Faceboo側は必要な情報は提供したと主張、法的な対応措置も検討しているという。

 この問題ではブラジルの裁判所がWhatsAppに対しサービス停止を要求し、実際に24時間ほど同サービスが停止するに至っていた(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Facebook | IT

 関連ストーリー:
欧州委員会、Facebookに罰金を科す。WhatsApp買収時に適切に情報を出していなかった疑い 2017年05月23日
ドイツ当局、Facebook傘下のWhatsAppアプリに対しドイツでのデータ収集や保管を禁じる命令を下す 2016年10月06日
WhatsApp、アカウント情報をFacebookと共有へ 2016年08月28日
ブラジル裁判所、WhatsAppを24時間サービス停止に 2016年05月10日
iPhoneロック解除問題が「WhatsApp」にも飛び火か 2016年03月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookブラジルWhatsApp裁判

関連記事