北が弾道ミサイル、「高度約3700キロ」着弾EEZ内 菅官房長官

2017年7月29日 12:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

菅義偉官房長官は北朝鮮が28日23時42分頃、北朝鮮中部から弾道ミサイルを発射。45分程度飛翔し、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる、と29日発表した。

【こちらも】政府が弾道ミサイル攻撃に対する対応マニュアルを公開

 安倍晋三総理は、今回の弾道ミサイル発射に対し「北朝鮮に厳重抗議し、最も強い言葉で非難する。北朝鮮がこのような挑発行動を続ける限り、米国、韓国を始め中国、ロシアなど国際社会と緊密に連携し、更に圧力を強化していくほかない」とした。

また「更なる北朝鮮による挑発行為も、十分にその可能性は考えられる」とし「強固な日米同盟の下、高度の警戒態勢を維持し、国民の安全確保に万全を期していく」と述べた。

菅官房長官は記者会見で「我が国の安全保障に対する深刻な脅威」としたうえで「何らの事前通報もなく同水域内に着弾させたことは航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のある危険行為であり、午前0時44分頃から国家安全保障会議(NSC)を開催し、情報の集約及び対応について協議した。総理からは我が国として引き続き国際社会と連携しつつ、北朝鮮に強く自制を求め、関連措置をしっかり実施すること等を通じて毅然として対応していくこととする旨の指示があった」とした。

韓国・聯合ニュースは、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて、韓国軍合同参謀本部の情報として「高度は約3700キロ、飛距離は約1000キロで、前回(今月4日)より進展した大陸間弾道ミサイル(ICBM)級のミサイル級とみられる、と明らかにした」と報道した。

また「北朝鮮が慈江道(チャガンどう=朝鮮半島北中部)一帯からミサイルを発射したのは初めてとされる。深夜に発射したのも異例だ。いつ、どこでもミサイルを発射できる奇襲能力を誇示する狙いがあるとみられる」と伝えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北が4日発射のミサイル「ICBM級」と防衛相
北へ外交努力で核・ミサイル放棄迫れ 共と社民
北、ICBM発射実験成功。高度2500キロ超
北がミサイル発射 飛距離930キロ超
対北ミサイル 全国でPAC-3の機動展開訓練

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三韓国北朝鮮日米同盟弾道ミサイル安全保障菅義偉官房長官排他的経済水域

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース