加戸前知事、白紙に戻せば20年遅れ「国家の恥」

2017年7月26日 12:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 加戸守行・前愛媛県知事は25日の参院予算委員会(閉会中審査)に参考人出席し、学校法人加計学園の獣医学部新設を巡り「加計学園ありき」で行政が歪められ、国家戦略特区が利用されたとの疑惑が深まる中「白紙に戻して、もう一度手続きをやり直す。これが信頼を回復する一番の方法だ」(24日衆院予算委員会で民進党・玉木雄一郎議員)と白紙に戻すよう総理に提案が出たことに「悲願10年の手前で白紙に戻せという議論が出ている。またあと10年待たされるのか。アメリカより10年遅れているのに、20年も遅らせることになり、国家としての恥だと思っている」と強く実現を求めた。

 今治市での加計学園獣医学部新設について加戸前知事は「鳥インフルエンザ、狂牛病、口蹄疫などなど、公務員獣医師が足りない。そして四国は空白地区で、研究機関もないという状況で、何とかしなければという思いがあった」などと誘致への強い思いをアピールした。

 加戸前知事は「学園都市として、若者の活気あふれる街にしたいという今治市の思いと愛媛県が困っている、四国が困っている、公務員獣医師の確保の問題。国際的な潮流に合わせて、今は小さいが、立派に育つであろう、世界に冠たる感染症対策、ライフサイエンスなどなど、期待された若者が愛媛のため、四国の為、日本のため、世界のために活躍する、今治が誇れる大学、今治市民、愛媛県民の夢と希望の未来を託してチャレンジしてきた10年の道のり、その『悲願10年』の手前で、白紙に戻せという議論が出ている。アメリカより10年遅れているのに、20年も遅らせるというのは国家としての恥だと思っている」と訴えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
和泉総理補佐官と前川前文科事務次官の証喚要求
加計学園への新設「白紙は考えていない」総理
加計問題「疑惑深まっている」と野田幹事長
核心に迫る質問に「記憶はない」柳瀬唯夫審議官
加計学園獣医学部建設見積額「相場の約2倍」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ民進党愛媛県玉木雄一郎鳥インフルエンザ公務員加計学園

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース